ネットワークプレーヤー VS ラズベリーパイ+DAC

 OpenHomeに対応したネットワークプレーヤーを導入する場合、無視出来ないのが、ラズベリーパイ+DACです。単純に処理能力をくらべると、最新のRaspberry Pi 3 モデル B=Raspberry Pi 3 B(BCM2837B0)は、1.4GHzのスピードで、64bit 4コア/ARM Cortex-A53 で構成されて、ソニーの製造です。以前は、英国、中国で生産されて、色々と些細なトラブルがありましたが、日本製になって、原価は上がりましたが、国内製の為に価格が下がり、スタビリティーが良化しています。64bit 1.4GHzのサイクルタイムのコンピュータと言えばアポロ計画に使われたIBM 7094-Ⅱより遥かに高速です。しかし、コンピュータは、周辺機器のスピード、プラットフォームの完成度等、信頼性と全体のスループットの評価なので、単に脳味噌部分のサイクルタイムの比較だけでは語れないのですが、1.4GHzのCPUは、早いことは確かです。

VolumioというMPD
なかなか侮れないソフトで進化中(シューベルトの8番)
VOlumio2.jpg

レガシーなプレーヤーとラズパイの比較
 そこで、ネットワークプレーヤーとラズベリーパイのスループットを比較すると、お話にならない程に、ネットワークプレーヤーが低く、ラズベリーパイが高いことは、紛れもない事実です。例えば、※ギガビット有線LANアダプタ経由で、10,000曲を超える音源をNASから読み込みインデックスルをリビルドする速度を比較すると、ラズベリーパイの場合、15分ほどで終わるが、ネットワークプレーヤー(スフォルツァート DSP-01)の場合、LANの速度が100Baseの為か3,000曲程度のビルドで、60分経過しても完了しません。しかし、ラズベリーパイの最大ウイークポイントは、常に開発途上であり、永遠に完成しないことです。
※ギガビット有線LANアダプタ経由:300Mbpsの転送能力を有すUSBアダプター(Gigabit Ethernet over USB 2.0)

ネットワークプレーヤーの将来
 Lumin D2 、LINNのKlimaxの様に、最新の高速FPGAチップ(ザイリンクス:XILINX VIRTEX)を搭載したものか、プアマンズ・ネットワークプレーヤーとして、ラズベリーパイ+MPDあたりが生き残ると思えます。PCオーディオは、Windows・プラットフォームをベースとした、foobar2000、JRiver Media Centerあたり生き残り、それ以外のJPLAY等は、一部コアな愛好家に支えられて細々と残りますが、情報開示が少なく開発体制がクローズドなので、新たなコアなソフトの出現により、消えてしまう恐れがあります。それからRoonに対して、Roon社とロイヤリティーの交渉等、今後の展開が、ネットワークプレーヤーの命綱になると思われます。

最大の心配事
 LPレコードとプレーヤーは、操作が面倒なので、ハッキリいってどうでも良い、手間の掛からない良質なネットワークプレーヤーが欲しい。Luminも良いが、所詮LINNの後追い、しかし製品の出来具合は、本家に負けず劣らず素晴らしい。LINNのKlimax DSMは、スイッチング電源、スフォルツァートは、ARM社が設計したRISCプロセッサーARM11で、アーキテクチャーが古すぎる、他の日本製は完成度が低く、ベクトルとフォーカスが不明なため却下。 最近 Lumin D2が発売されてから、Lumin D1が底値の状態の様子、小型で魅力的で外部電源なので、リニア電源を自作すれば、化けてLumin D2を超える可能があります。
 しかし、最大の心配事は、ネットワークプレーヤーに入れ替えて、現状のfoobar2000+Monkeymoteより、速度、操作性が悪くなることが最大の関心事です。又、ラズベリーパイ+低位相ノイズ発振器を使ったS/PDIF出力の音が、あまりのも良いので、三竦みになってしまった。どうしよう・・・

LP再生システムのリファイン

 最近、LPレコードを久しぶりに聴いて、一寸、楽しめると思いました。しかし普段使いには面倒で、リファインの為の投資は如何なものか、と思ってました。しかし、ここは最後の足掻きとして、MCカートリッジの昇圧トランス(MCトランス)を、高音質になることを期待して、入れ替えてみることにしました。

昇圧トランス/ヘッドアンプ
 MCカートリッジからの微弱な電気信号をトランスを使って20dB(10倍)程に昇圧させるのですが、良いトランスに巡り会えれば、SNRを簡単に確保できます。基本的にトランスの音になる傾向です。それに較べて、ヘッドアンプは、MCカートリッジからの電気信号を半導体を使って昇圧しますが、高いSNRを確保するのが大変であり、使う部品の選択、回路の設計技術と、インプリメンテーションの能力により、雲での差が生じます。総じて、値段がピンきりで、どれが良いのか解りません。

現在のトランス
 使用中のトランスは、DL-103用の純正のトランスで、AU-300LCで、タムラ製作所のトランスでPC (78パーマロイ) ケースで2重にシールドされている、親指程度の大きさのトランスです。ケースを開封してみると、トランスのみで、負荷抵抗、スイッチ等が無く、DL-103にオプティマイズされて、簡潔明瞭です。このトランスに対抗して、好結果を得るのは、かなり困難と言えます。
AU3002.jpg

昇圧比 : 1 : 10 (20dB)
出力バランス : 0.5dB以内
適合カートリッジインピーダンス : 3Ω~ 40Ω
1次インピーダンス : 40Ω
2次インピーダンス : 4kΩ
周波数特性 : 20Hz~50kHz (一次側 40Ω 、二次側 50kΩ)

アンプ、トランスどちら
 ヘッドアンプを作る程の技術が無いので、新たなトランスでチャレンジしてみます。その為には、古今東西で評価の高いトランスを探して、作ることにしました。

新たなトランス
 昇圧比 : 1 : 10 (20 dB)程度として、入手困難でアンテイークな、UTC、TRIAD、STM、JS、ノイマンがありますが、現在でもEMT(EST10)とオルトフォンのSTシリーズは、購入可能です。それを入手するのも良いですが、一寸調べてみると、オルトフォンのハイエンドのトランスが、ルンダール(スウェーデン)製トランスを使っている事が解りましたので、早速、ルンダールのトランスを米国ノース・カロライナ州エイペックスから調達する事にしました。

トランスの仕様
 トランスは、ルンダール製のMCトランスLL1681で、かなり大きなコアーボリュームで、1個90グラムを有します。
DSC05419.jpg
仕様は以下のURL
 http://www.lundahl.se/wp-content/uploads/datasheets/1681.pdf
 昇圧比は1:13又は、1:26で、結線により選択可能です。DL-103の出力電圧が、0.3mV(1000Hz 50mm/sec水平方向)ですので、結果、約4mVに昇圧されますので、オリジナルのトランス以上に、最適だと思います。また、インピーダンスは、巻線比の二乗に比例しますので、フォノイコライザーアンプ側のインピダンスが47kオームで、Low出力High受けとすると、以下のような負荷抵抗の設定が考えられます。

負荷抵抗
Ratio.jpg

ケーシング
 アルミダイキャスト製のケースに収める予定です。

Windows10からWindows Server2012に戻す

Windows10からWindows Server2012に戻すことにする

 先日、PCオーディオに用いているパソコンのプラットフォームをWindows7からWindows10 Version1067に更新したが、不満が山積し始めている。元のWindows7をSSDのドライブごと、動態保存してあるので、ものの数分で戻せるので、最終的な戻し方として、Windows Server2012にするかは、後々のたのしみとして、Windows10 Version1067を虐めて、もう少し問題点を炙り出すこととしました。

最適なプラットフォーム
 PCオーディオに最適なプラットフォームは、サウンドドライバーとしASIOしか使わないので、最近のWindowsUpdateと全く無関係のWindows NT4.0をベースとして、装置に組み込む前提とした、Windows Embeddedが理想です。しかし、入手性が悪く、高額です。そして、動画、ゲームソフト機能を除いた、全ての要件を満たして完成系のWindowsXPを今更持ち出すのも如何なものかと思います。そして、次の選択として、OSの規模がコンパクトで、慣れ親しんだ、Windows7 Proの最終バージョンか、機能限定のWindows Server2012にするのが良さそうです。開発の終了は、良くも悪くも「余計なことをしない」、「かまわない」、ということで、スタビリティーは高いといえます。

Windows10 Version1067の問題点
 Windows10は、マイクロソフトの最後のOSとアナウンスされていました、リリースされた当初は、快適な速度で、好感触でしたが、しかし、名前だけWindows10として変わらず、実際には、拒否できないWindows Updateの自動更新で、すっかり入れ替わっています。そして、当初の快適さから、不要な機能の追加により鈍重なOSに成り代わっています。

不明なサービスの増加 
 以下のすべてのサービスがアクティベートされている訳ではないものの、Xbox関連、タイムゾーンの自動更新など、Windowsサーフェース(タブレット)、ゲーム等、使用しない機能が山積している。なにか怪しげな日本語のサービス等、何時から追加されたのでしょう。
ServiceOS.jpg

処理が重い、遅い
 WindowsXP以前に頻発した、カタストロフィックな異常停止はないものの、処理が遅く、ファイルの移動、ログオンに要する時間等が、Windows7から170%増に遅くなっている。

致命的な障害
 リモート デスクトップ接続で、Windows キーが押されたままになる事象が生じており、マイクロソフトから、以下の様にガイダンスが出ているが、基本的に解決してない。これは、リモート側PCのWindows キーが押せない状況で、プログラムの開始指示ができない致命的な障害がある。又、iPadから、マイクロソフト純正のリモート デスクトップ・アプリでも同様の障害があり、これも、解決していない。

以下、Microsoft Technet
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2017/07/24/winkey-keep-pressed/

 Windows10というドン・キホーテが、インテルx86-64というチップにまたがり、パソコンのバックログを解決に奮闘する、しかし最後は・・・

Roonの台頭によりオーディオの世界が大きく変わる

Paradigm shift from "owned" to "used"

 レガシーなオーディオは、二極化していますが、これが、この先5年程で、三極化する可能性があます。その一つは、従前からのオーディオ機器にCD、LPを載せて、再生ボタンを押して楽しむ、オーディオマニア御用達の「ガラパゴス型オーディオ」、そして二つ目は、最近の家庭内LANを生かして、タブレット端末とプレーヤーをOpenHome、UPnP/DLNAでブリッジした、「ジュークボックス型オーディオ」があります。そして、三番目に現れたのが、成熟した再生ソフト界に現れたラウンチである「Roon」という「総合音楽鑑賞ソフト」です。自宅にある音源とWebに存在する高品質な音源をシームレスに、検索と再生を可能として、その為の音源タグが全て、備わり最適化されているシステムです。

 公式HPでは、以下のように述べられています。
https://roonlabs.com/

Music isn’t files and streams. It’s the work of passionate people who compose, collaborate, and perform live. Stop looking at lists and start experiencing a multi-dimensional world of music.

Roon
 Roonのもたらすボーナスは、ジュークボックス型オーディオのカテゴリーにおいて常に障壁となってきた「ミュージック・ソース」の保守の問題を一気に解決する手法であり、将来、簡単な装置で膨大な音源のクラウドという大海に出帆する魅力を持っています。
Paradigm shift from owned to used. ・・・ 音源の所有から利用へ

OpenHomeとRoonの共存
 ネットワークプレーヤーの双璧である、Linn、LUMIN は、Roonへの対応をCESで、一早く表明しており共存の方向を進めています。そして、日本のオーディオメーカーと言うと、全くの体たらくで、将来性が感じられない状況です。日本のメーカーとしては、ソニー辺りが技術的に出来そうですが、ソニーは自分が中心で規格を作らないと気が済まない会社ですので、ATRAC(アトラック、Adaptive TRansform Acoustic Coding)の時の様な失敗を繰り返すので、技術的に出来ても経営的には避けると思います。ハードディスクプレーヤー、ウォークマン格納のローカル音源に留まらず、シームレスにWebからも検索再生する仕組みを作って欲しいです。
SONYHDD.jpg

Roonのコア
 Roonのコアは、正しくRoon ServerをRoon Coreと考えており、パソコンサーバー、音源クラウドへのゲートウェイです。

今後のオーディオ
 重箱の隅を突く様なオーディオ機器の小物を作るのは、程々とし、美しくて楽しい音楽に浸れるシステムを、工築では無く、構築したいですね。ところで、日本のオーディオ業界では、LPレコードとハイレゾ音源の話題を囃し立てていますが、そんな一過性の話題で大丈夫?

RASDAC+ Proの作製 その6

 今年の2月にラズベリーパイを用いたRASDAC+ Proを作成してから2か月が経ち、そろそろネットワークプレーヤーとして最終的な仕上げを行って実用に供したいと思っています。

フィックス ネットワークプレーヤー
 ネットワークプレーヤーとして、LINN クライマックスDS、Lumin S1、スフォルツァート DSP-01等、高価なプレーヤーがありますが、その殆どが、内容的にも価格に相応しい完成度と思えません。既に発売されてから2年程経過しているのに、その機能と性能に全く魅力を感じません。又、それを操る、コントローラーのソフトの完成度も低く、未だに発展途上といったところです。

ネットワークプレーヤーの内部
Lumin S1
美麗な作りで、アナログの出力ステージ(左)は、定番のルンダール(スウェーデン)製トランスを用いています。プロセッサー(右)は、ヒートシンクがついている本格的なCPUで、コンピュータそのものといえます。
Limin.jpg

LINN クライマックス DS
左がスイッチング電源、中央がプロセッサー、右がアナログステージで、Luminと同様にルンダールのトランスを使っています。
Kilimax.jpg

スフォルツァート DSP-01
左の基盤がプロセッサー、右ががアナログステージで、ハッキリ言って、試行錯誤の末に、完成した様子が伺えます。雑然とした作りで、インプリメンテーションとコンストラクションともに美麗とは思えません。
SFZ01.jpg

ネットワークプレーヤーの仕様
 ネットワークプレーヤーは、上記、各社の作りからレガシーなオーディオ機器ではなく、廉価なコンピュータを応用して、徹底的なノイズ対策を施した構成に徹する方が、容易に高性能な結果が得られると思います。そこで、自作のプレーヤーは、高額な投資が必要となるアナログ出力は、はなから止めて、デジタル出力のみとします。それも、S/PDIF、TOSLink、AES/EBU、HDMI(PS-Audio)の4種類とします。

 構成図
NWP.jpg


デジタル出力ステージの基板
 i2S入力で、上記4種の信号出力が可能な廉価な基盤を入手したので、これと、RASDAC+ Pro、リニア電源(デジタル、アナログ分離)を用いて、作成する予定です。
DSC05410.jpg

ソフト
 ソフトは、Openhome対応予定のMoodeaudioを採用する予定です。