RASDAC+ Proの作製 その6

 今年の2月にラズベリーパイを用いたRASDAC+ Proを作成してから2か月が経ち、そろそろネットワークプレーヤーとして最終的な仕上げを行って実用に供したいと思っています。

フィックス ネットワークプレーヤー
 ネットワークプレーヤーとして、LINN クライマックスDS、Lumin S1、スフォルツァート DSP-01等、高価なプレーヤーがありますが、その殆どが、内容的にも価格に相応しい完成度と思えません。既に発売されてから2年程経過しているのに、その機能と性能に全く魅力を感じません。又、それを操る、コントローラーのソフトの完成度も低く、未だに発展途上といったところです。

ネットワークプレーヤーの内部
Lumin S1
美麗な作りで、アナログの出力ステージ(左)は、定番のルンダール(スウェーデン)製トランスを用いています。プロセッサー(右)は、ヒートシンクがついている本格的なCPUで、コンピュータそのものといえます。
Limin.jpg

LINN クライマックス DS
左がスイッチング電源、中央がプロセッサー、右がアナログステージで、Luminと同様にルンダールのトランスを使っています。
Kilimax.jpg

スフォルツァート DSP-01
左の基盤がプロセッサー、右ががアナログステージで、ハッキリ言って、試行錯誤の末に、完成した様子が伺えます。雑然とした作りで、インプリメンテーションとコンストラクションともに美麗とは思えません。
SFZ01.jpg

ネットワークプレーヤーの仕様
 ネットワークプレーヤーは、上記、各社の作りからレガシーなオーディオ機器ではなく、廉価なコンピュータを応用して、徹底的なノイズ対策を施した構成に徹する方が、容易に高性能な結果が得られると思います。そこで、自作のプレーヤーは、高額な投資が必要となるアナログ出力は、はなから止めて、デジタル出力のみとします。それも、S/PDIF、TOSLink、AES/EBU、HDMI(PS-Audio)の4種類とします。

 構成図
NWP.jpg


デジタル出力ステージの基板
 i2S入力で、上記4種の信号出力が可能な廉価な基盤を入手したので、これと、RASDAC+ Pro、リニア電源(デジタル、アナログ分離)を用いて、作成する予定です。
DSC05410.jpg

ソフト
 ソフトは、Openhome対応予定のMoodeaudioを採用する予定です。

ベント長200mm「三土会200回記念作品」

 先日、大森のオフ会に参加した時、駅ビルの100均で、スマートフォン用のパッシブ拡声器(共鳴箱)を入手しました。それに手持ちのタンバン製W1-1815を取り付けて、音を出してみました。
DSC05401.jpg

W1-1815
http://tb-speaker.com/en/products/w1-1815sa
 20mmのアルミ・ダイアフラムで、ボイスコイルの直径が、19.4 mmのドライバーで、ネオジムのマグネットです。価格は、2,500円~3,500円程で入手可能です。

構造
 成型板(ファイバーボード)の共鳴箱に、バスレフ効果を目論んで、25φのパイプスタンドを設けました。パイプのスタンドは、ブーケスタンドです。位相反転した、低音はフレアーの下から出ます。

調整
 インピーダンスの測定を行いながら、パイプ(共鳴管)の長さをカットアンドトライで調整しました。パイプ長が短いとバスレフの効果が少なく、長いとパイプ音臭くなるので、200mm程度に収めました。fs値の170Hzが、バスレフ効果で、150Hz程に下がりました。

測定結果
周波数レスポンス(150Hz~16,000Hz)、アクシス0.7mでの測定
W1-1815.png

インピーダンス特性、一応、バスレフの特性になっています。
XW1-1815_imp.jpg

肝心な音
 20mmのスピーカーとしては、健闘していると思います。

反省
 特に目的を定めずに思い付きで作って、ハッキリ言って塵を作りました。100円のオリジナルのパッシブ拡声器の方が良いですね、投資の総額は、8,000円程で、アホとしか言いようがないです。

ネットワークオーディオのコントローラ

ネットワークオーディオで、優れたコントロールアプリは・・・
 オーディオの行き着くところの一つであるネットワークオーディオの形態を考えると、遠隔操縦で選曲して、再生の指示を行うコントロールアプリの完成度で、ネットワークオーディオ全体の評価が決まります。
 美しいアルバムアートを表示して、それを選択して、プレイリストに登録して、そのリストを基に、音楽を再生する。まるで、スモーガスボードの食べ物を選んで、その時の気分、雰囲気で口にする。ネットワーク越しに音楽を楽しむには、ストレスが無く機敏に動作して、アルバム、作曲者、曲目、演奏者、ジャンル等を基に、検索する機能の完成度合いが極めて大切です。
 現在、ネットワークオーディオの常識で言えば、LINNの提唱によりコンソシアムが立ち上がり未完成ながら、それなりの成果が得られている、OpenHomeがその核と言えます。そこで、OpenHome機能のコントロールアプリと、それに準ずるソフトの機能を調べて見ました。
http://openhome.org/

ネットワークオーディオって?
 極めて端的に言えば、「ネットワーク越しに選曲して再生する」事だと思います。音源をNASに格納するか、パソコンの内蔵ディスクに格納するか、又、パソコンを使うか、タブレット端末を使うか、レガシーなオーディオ機器を使うかは、全く関係無いと思います。

優れたコントロールアプリ
 以下、三種類のコントロールアプリを同一環境(負荷)で実際に使って、その性能差を体験してみました。

 LUMIN
 http://www.luminmusic.com/
DSC05396.jpg
アルバムアートのグリッド表示機能は圧巻、左側フレームにプレイリストを表示するが、登録処理が遅い

 アルバムアートの表示に基軸を置いて、アルバムアートから選曲する事に徹しています。従って、項目のクロス検索は、それ程強力な検索エンジンを持たないで、アルバムアート有りきの構成です。アルバムアート表示は機敏で、使っていて楽しいですが、反面、プレイリストへの登録処理が緩慢であり、曲を探すには優れているが、フリンジの機能が遅く、全体のバランスが好ましくありません。又、アルバムDBの構築と更新である、インデックスのリビルドが遅くて、CDを追加する毎に、操作の中断を余儀なくされる点が、好ましくありません。多分にOpenHomeの機能の遅さが露呈しているとも言えます。

 KAZOO
 https://www.linn.co.uk/software
DSC05384.jpg
グリッドのメッシュが荒くて、スクロールが頻繁、さりとて、検索機能は貧弱・・・

 OpenHomeの唱えたLINN自身のソフトでありながら、完成度は低い。KAZOOの前身のKINSKYというソフトがあるが、これに至っては、更に機能面、速度面で全不作で評価に値しない、KAZOOは、一応、OpenHomeを活かしたソフトとしているが、辛うじて機能するソフトと言えます。その最大の弱点は、ipad Pro12.9にマイグレーションされたKAZOOであっても、アルバムアートが無駄に大きいことです。最大の欠点は、プレイリストを確認する場合、画面の切り替えが必要となり、そして、どの操作を行っても、アルバムアートのグリッドの位置を記憶しないで、表示が先頭に戻ってしまう。

 MonkeyMote
 https://www.monkeymote.com/home
DSC05398.jpg
音源DBとその検索、プレイリスト処理を、サバー側(foobar2000)のインテルCPUに処理を任せている。

 今回、用いたMonkeyMoteは、foobar2000の基本機能と連動するコントロールアプリで、上記のものとは一寸異なり、UPnP/DLNA、OpenHomeの複雑なアーキテクチャを用いず、独自の制御方式で構築されており、JAVA、UPnP/DLNA等の設定が不要であり、動作が極めて俊足で軽い事です。機能面では、LUMINよりKAZOOに近いが、最大の特徴は、クロス検索が早く、そのアルバムDBの構築(リビルド)が高速で、アルバムアートの表示速度と機能は、LUMINには及ばないものの、全体のバランスは優れていると言えます。しかし残念ことに、この恩恵は、foobar2000のユーザーのみにリリースされた機能なので、ルームとしてfoobar2000を使うことであれば、特に問題ないと言えます。

独断の評価
Point_Player.jpg
 LUMINのアルバム表示は優れている、Kazooは、特に優れた機能は無い。Monkeymoteは、処理の殆どをサーバー側の処理に依存してるので高速で安定している。どの仕組みも「帯に短く襷に長し」の状態で発展途上と言った様子。残念ながら、日本製のアプリは壊滅状態であり、如何に日本のオーディオ業界が体たらくかを表している。

日本人は標準化が不得意
 本来、日本オーディオ協会が音頭をとって、ネットワークオーディオの標準化を図り、デファクトスタンダードに押し上げるかが問われるのですが、今の協会の能力では悲観的です。日本軍の用いた銃の弾丸が、銃の種類毎に異なり、不足しても使い廻しが出来なかった、とのことに似ています。

最近、聴力が劣化している

 順天堂大学の耳鼻咽喉・頭頸科で聴力をオージオグラムで定量的に測定してもらったところ、標準純音聴力検査で測定した閾値の結果は、想定以上に良い結果が得られました。但し、普通の加齢と異なり、3,000Hz以上がよく聴こえます。これは、普段から大きな音に遭遇しない様に注意していて、その成果が得られた様です。ポータブルプレーヤーのダイナミックレンジが、過剰に違和感を感じるので、普段はヘッドホン、イアーフォン等で、音楽を聞かない様にしてます。検査士によると30歳代後半の聴力との事でした。
MLS.jpg

耳が良かった頃
L2.jpg
 子供の頃に天井から下がっている白熱電球のペンダントライトを、下から覗きながら点灯すると、顔面に放射熱の感覚と供に「ジーッ」という連続音が聴こえたものです。今思うと、タングステン・フィラメントの振動する音でした。人の聴力は最低 -8dBSPL聴力があるとの事です、その振動音は、10dB程度です。普通静かな録音スタジオで防音がされていても20dBSPL程度の暗騒音が有り、すでに100W白熱電球からのノイズは聴くことが出来ません。恐らく、電灯の傘が音響レンズの役目をして、聞く事が出来た様です。
L1.jpg

大きい音は辛い
 「手作りアンプの会」主催のオフ会である三土会では、スピーカーの音量が平均的に異常に大きい事です。そして、その音の特徴として、高域が強調されていて、低域が不足気味です。そして、強調されている高域は、5,000Hz程度に留まって、7,000Hz以上が全く聞こえません。この特徴は60歳男性御用達スピーカーと言えます。

花粉アレルギーによる聴力減衰
 この数日、朝方に花粉アレルギーによる鼻炎の症状がでています。それを称してモーニングアタックと呼んでいるようです。鼻水が止まらない状態で、弱い頭痛とめまいが続きます。この様な時は、鼻と耳が直結しているので、音を聴く気になれない状態が続きます。

耽美主義の極限 「夜のガスパール」

 今日の午後は、LPで音楽を楽しみました。
 曲目は、モーリス・ラベルの「夜のガスパール:Gaspard de la Nuit」、「水の戯れ:Jeux d'Eau」、「ソナチネ:Sonatine」で、演奏は、ジャック・ルヴィエ(Jacques Rouvier)です。それから、シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns)のソナタ集で、何れもカリオペ:CalliopeのLPレコードです。

DSC05395.jpg

DSC05392.jpg
 
カリオペレコード
 カリオペレコードは、フランスのマイナーレーベルで、メジャーレコードがマルチマイクで、位相がグチャグチャで、音が団子状態のレコードが多い中で、ハルモニアムンディーと並び、ワンポイントマイクに拘った高録音です。入手した三十数年ほど前には、その良さが解らず、殆ど針を落としていませでした。

夜のガスパール
 Gaspard de la Nuitは、19世紀のフランス近代詩人アロイジウス・ベルトランの散文詩をモチーフにつくられ、ベルトランの詩集「夜のガスパール」は、彼の唯一の代表作であると同時に、文学史においては、散文詩 :Poème en proseという新ジャンルを切り開いたエポックメイキングな詩集として位置づけられています、この散文詩が、そういう名誉をあずかるまでには、ちょっとした廻り道があったりして・・・それをもとにモーリス・ラベルが作曲した、耽美の極限 「夜のガスパール」です。

音と演奏
 音は、とても良くて、CDをリッピングしたものと、遜色ありません。今日は、RME FirefaceのADAC(AK4621EF)を192kHz/24bitに設定を改めて行いましたので、陰影の表現が美しい艶のある良い音で聴くことが出来ました。演奏は、一寸、気難しいですが、なかなかのものです。フランスの曲は、フランス人に限ります。歌舞伎が日本人以外に向かないと同じですね。