フィルムカメラは、塵(金属・陶器・ガラスごみ)

 スマホのカメラが広く普及して、コンパクト・デジカメ(コンデジ)を持ち出す時は、旅行とか、特別綺麗に撮影したい時に限られます。まして、一眼レフ、特にフィルムカメラに関しては、既に死語になりつつあります。先日、NOS(新古品::New Old Stock)のフイルム一眼レフをカメラ店で処分を考えました。

驚くべき結果
 なんと、NOSのフイルム一眼レフの買取価格が、「写ルンです:シンプルエース)」27枚撮りより安いのです。

ペンタックスSL f1.4レンズ付き 買取価格500円
DSC04946.jpg

写ルンです 734円(税別)
utsuru.jpg

 NOSのフイルム一眼レフ:下取り価格:500円
 レンズ付きフィルムカメラ;上代   :734円
 ILFORDレンズ付きフィルムカメラ :2,197円

 ・漬物の石・・・・・・錆びるので不可
 ・書初めの文鎮・・重過ぎる
 ・置物・・・・・・・・・・邪魔
 ・玄翁の代わり・・・使った後、粗大塵で処分

値段の付くフィルムカメラはあるか?
 以下のカメラ以外は塵(金属・陶器・ガラスごみ)と同様で、プラスチック・ボディーのカメラ、レンズを処分する場合、資源塵(ビン、缶、ペットボトル)となります。
正常に動作する、ライカMシリーズ、プレミアムのニコンSP、チタンボディー、ブラック・ペイントのFシリーズ、ハッセルブラード、ローライフレックス、旧コンタックス、但し、いずれもレンズはツァイス製のみ

 カメラは、下取りに出さずに持ち帰りました。しかし、持っていても使い道が無いです。せいぜい置物で、あの世に行ってから、オーディオ装置と一緒に家族が粗大塵として、処分する事になりそうです。団塊世代からの世代交代に同期して、カメラ、オーディオセットが、大量放出され、殆どが粗大塵となり、少数の価値あるカメラと、ビンテージ・オーディオ機器のみ大陸に渡る事になると思います。東京都23区の塵の定義で「金属・陶器・ガラスごみ」は、鍋、やかん、傘、蛍光灯、と同じ分別で、月2回の無料収集です。

電源ケーブルにフィルターを入れました。

 今日は、ファインメットコアー(FT-3K50TS)を用いて、アンプの電源にコモンモード・フィルターと、TDK製のフェライト・クランプフィルターを入れました。少しずつ様子を見て、測定しながら施す方法もありますが、今回は、第二次世界大戦に米国が行った物量作戦と同じで、10個購入した、ファインメットコアーの総てを活用して、全アンプ、全コンセントに絨毯爆撃を行いました。

コモンモード・フィルターとコード
DSC04939.jpg

DSC04940.jpg

肝心な音は
 静かになって、全体的に音圧が下がった様な気がします。特に、バイオリンの音に甘さ(Sweet)が感じられるようになりました。それから、大編成のオーケストラ等を聴くと楽器の分離が多少ですが、良くなった様に感じられます。

早速、魅惑の黒竹輪を料理

 日立金属製のFT-3K50TSを用いコモンモード・チョークを作成して、早速 、クワイエット・パソコンの電源に投入しました。既に、TDKラムダ製PRE-2003の高周波対応 ACインレットソケットを使い、ディファレンシャルモード(25dB min.: 3MHz~30MHz)、コモンモード(25dB min.:1MHz~30MHz)の双方に対し遮蔽を期待して投入済みです。更にニプロン PCFL-180P-X2S2のスイッチング電源発振周波数にターゲットを合わせて100k~200kHzの遮蔽を期待して、黒竹輪のコモンモード・フィルターを追加しました。

FT-3K50TS・コモンモードフィルター
 手持ちの適当なケーブルを使いました。
DSC04928.jpg

クワイエット・パソコンに取り付け
 コモンモードフィルター・フィルターを可能な限り金属部分から離す為に、スポンジとシリコンゴムでフロートしました。取り付けのボルトは非磁性体です。左がファイメットコアーのチョーク、右がTDKラムダ製のインレット・フィルターで、シリーズに繋いでいます。
DSC04933.jpg

LANケーブル
 シールド無しのカテゴリー6のLANケーブルの被覆を剥がして、ファインメット・コアーに巻きました。効果は未知数です。
DSC04929.jpg

DSC04930.jpg

肝心な音の変化は如何に
 ハッキリ言って、良く解りません、これと言った変化は無い様に感じます。投資に見合った結果は得られているのでしょうか?、只言える事は、パソコンを弄ったので、テーブル周辺の掃除が出来て綺麗になりました。

電源ケーブル
 パワーアンプの電源ケーブルにフィルターとして投入する予定です。

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

 LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブに対応しました。今までiPad Pro 12.9を用いて、LINN Kazoo、Monkeymort、LUMINを使っても、10.5インチの画面が2割程拡大表示されるのみで、12.9インチの優位性が生かされていませんでした。しかし、ipadが64ビットiOSに更新された事に合わせで、LUMINが大幅に改善されて、ネイティブに12.9インチに対応して、かつ処理速度も大幅に向上しました。今までは、単に拡大で、それはそれで、眼には優しく良かったのですが、大幅に情報量が増えて、1画面:128アルバム(16カラム×8ロウ)の表示が可能で、スクロールすると、目にも止まらない速度で表示する事が可能になりました。しかし、よい事ばかりでは無く、膨大な機能の整合性が取れてない事と、機能の膨大さから内在するバグが消え切れてない点など、更なるブラシュアップが必要と思えます。その開発費用はどの様に捻出されて、サポートが永続されるのかロードマップが見えません。ソフトを有償化にしてでも良いから、迅速なサポートを期待したいです。

新RUMIN(Ver.6.1.0)の画面
プレーリストとアルバムアートを同時に表示
XDSC04925.jpg

アルバムアートの全画面表示
DSC04923.jpg

LINN Kazoo
Kazooの場合、プレーリストを表示するために、画面の半分が潰れます。又、必要以上にアルバムアートが大きいです。
DSC04927.jpg

オーディオの最終着地点のひとつ
 ビンテージの真空管アンプ、LPプレーヤー、大型スピーカーを用いてオーディオを楽しむのも良いですが、私としては、ソファーでくつろぎながら、膨大な音楽ソースから、タブレット端末で、その時の気分で再生する音楽を指示して楽しむのが好きです。その仕組みの為に、音質が多少悪くなっても、構わないと思っています。

ネットワーク・オーディオ
 ネットワーク・オーディオとは、選曲と再生のデマンドを有線、無線に拘わらずネットワーク越しで行うことであり、プレーヤー、音源のNAS、サーバーが、LANで繋がっていると言う事では無いと思います。まして、パソコンを複数台、ノイズ対策の為に機能別に分離して、LAN経由でタンデムに繋いで、動作させる事は、ネットワーク・オーディオとしては、未完成そのものと思えます。理想を言えば、なるべく少ないコンポーネンツを用い、シンプルにストレス無しに安定稼動するのが、最終目標と言えます。ネットワーク・オーディオは、レガシーなオーディオに比べて遥かに複雑です。複雑な故に利便性と音質はトレードオフの関係にあり、要は何処で妥協するかと言う事だと思います。

オーディオの楽しさ
 LPレコードの再生を行う場合、何段階もの儀式があり、ターンテーブルの清掃、レコード面の埃の除去、カートリッジの交換など、手間が掛かります。その楽しさを知っており、否定はしませんが、ターンキィ・システムのネットワーク・オーディオの素晴らしさを知ってしまうと、一寸、今更、レガシーなオーディオには戻れません。所詮、総て、与えられた条件での妥協の結果ですから・・・

魅惑の黒竹輪を入手しました。

 ネットワーク・オーディオのノイズ対策として、灰色の竹輪を投入して、それなりの効果が得られました。更にノイズ対策を進めて、静寂性の追求と音質の改善を目指して、ファインメット・コアーを入手しました。
XDSC04921.jpg

灰色の竹輪
TDK製のクランプフィルター(ZCAT3035-133)
chikuwa.jpg

測定結果
 早速、日立金属製のFT-3K50TSのインダクタンスを測定したところ、ワンターンで0.18mH(10k)もあります。このコアーに「コモンモード巻き」で7~10ターン巻くと、中波帯のノイズのリダクションが出来そうです。スイッチング電源撲滅作戦上、最後のスイッチング電源であるクワイエットPC内のATX電源(ニプロン PCFL-180P-X2S2)に試してみます。スイッチング周波数が100~200kHz(負荷により変動)と比較的低いので、効果が期待できそうです。

適応個所
 今回は10個入手できたので、PCの電源ライン、LANケーブル、RME Fireface UCXの電源に投入して様子を見たいと思います。更に、スイッチング電源の蛍光灯、LEDのシーリングライトの電源ラインに追加して、エアコン、冷蔵庫、電子レンジ等、電力系は、発熱の想定が出来ないので、今回は見送りとします。