BOSE 501 サブウーファーの投入

DSC03605.jpg

 BOSE501の音を聞くと、「コツコツ」という木槌で叩くような音がします。
 原因を色々調べたところ、キャビネットが15mm程で薄いことと、ベントが、2.5mm厚のボール紙の筒で出来ています。
 これが共振して、異音の原因と想定して、デッドニングを行いました。
 その音は消えて、何とか使えそうになりました。
 早速、信楽焼スピーカーに、このBOSE501をサブウーファーとして、試聴しました。
 パッシブネットワークの2Wayにサブウーファーを追加して2.1chとして、Audyssey(MultiEQ)でキャリブレーションを行った音が、現時点で、ベストです。
 浅はかな考えで、工夫すると、ますます音が悪くなります。
 



コメントの投稿

非公開コメント