信楽焼スピーカーのパッシブ・ネットワーク

t_2014-08-27_13-50-00.jpg
名称未設定-1

 信楽焼スピーカーのパッシブネットワークをリファインしました。
 ネットワークの設計は、FRD、ZMAデータをSpeaker Work shopに取り込んで、シミュレーションを行い、調整と試聴の繰り返のクローズドループで作製しました。
 3kHzのFirst Orderで、周波数特性は、ほぼ5dB以内に収まりました。
 高音の固定抵抗を差し替えて、音圧の調整を可能として、聴く部屋の規模により、バッフルステップ補整値を選べるようになっています。
 インダクターの真ん中の黒い部分は、固定用のプラスチックです。
 キャパシターをオーディオ用では無く、工業用製品で作りましたが、高級な金銀のコンデンサーで聴いてみたいです、しかし、どうやっても、マルチアンプシステムには、音質的に敵わないので、何時か余裕の有るときに行ってみます。

コメントの投稿

非公開コメント