バランスコネクタ内蔵のアッテネータ

t_2013-01-28_22-04-50.jpg
t_2012-12-19_00-08-06.jpg

 キヤノンコネクタに、バランスのアッテネータを入れたい場合、O型のフィルターを入れると簡単に設定が出来ます。
 DCX2496等は、ゲイン調整が必須で、この方法が一番廉価です。
 固定抵抗は、金属皮膜タイプを使いましたが、金属フィルムの高精度の物がベストだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント