HDMI(LVDS)を用いたi2Sの伝送 その2

 LVDSを用いて、RASDAC+ ProとマルチビットDAC(Soekris dam1021)の接続を試みました。
 音を出す事は、成功したのですが、クロックが一定間隔で外れて、デジタルノイズが重畳されます。フェージング現象の様に一定時間同期して、定期的に同期のサポートが堪えきれずにバースト・モードに外れます。
 原因が解らず、色々なDACと接続を試みましたが、組み合わせにより、症状が異なり、旭化成のAKMの様に全く問題ない組み合わせもあります。マルチビットDACと、ESS系の組み合わせは、比較的にタイトな様です。
DSC05259.jpg

マルチビットDACのSoekris Europeのサイトはここ
DSC05265.jpg

原因の追求
 残される手段は、LVDSのトランスポンダ(Transponder)の交換が考えられます。問題の切り分けとして、2年程前に入手したトランスポンダを止めて、先ずは、手作りアンプの会のI氏設計の送信機を換装しました。結果は、見事にクロックが外れる障害が解決して、安定稼働に移りました。

肝心な音は
 デンマークの首都コペンハーゲンの郊外に位置するグロストルプ(Gadstrup)から輸入したマルチビットDAC(Soekris dam1021 )と、素性の良いRASDAC+ Proと接続した音は、シングルビット系のΛΣに慣れた耳にとっては、充分にレボリューショナリーな音です。バランス(平衡)の電圧出力で試聴しましたが、電流出力のアンバラもあるので、電流アンプで試してみたいと思います。

ネットワークプレーヤーの電源
 電源は、総てリニア電源として、デジタル、アナログ、クロック、LVDSトランスポンダを各々分離して、アイソレートする予定です。

今後の予定
 RASDAC+ ProとマルチビットDACの音を長時間確認の上、この組み合わせで、ネットワークプレーヤーを構築する予定です。
 完成する頃には、リヌックスのMoodeaudio 4.0の製品版がリリースされて、OpenHome機能を使えるので、コントローラーとしてLinnのKazoo,Luminを活用する予定です。

コメントの投稿

非公開コメント