オルトフォンMC20 Super IIの針を修理

 カンチレバーの折れた、オルトフォンMC20 Super IIに針を継いでみました。針の折れたMCカートリッジの現状復帰は、事実上不可能です。たとえ純正パーツの入手が出来たとしても、接着材による質力の増加、カンチレバーの継ぎによる歪率の変化で、基に戻すことは、絶対に不可能です。カートリッジの音質の支配度は、カンチレバー、スタイラスで決定されるので、順当に移植できたとしても、オリジナルとは、全く異なる物になります。しかし、そこは、お遊び感覚で、「瓢箪から駒」の発想で、カンチレバーの移植を楽しむことにしました。

MC20 Super IIの解体
 先ずは、MC20 Super IIの解体ですが、とてもシンプルに出来ていて、金メッキされた2本の螺を外して、外枠をスタイラス側にスライドすると、外れます。弱いダンプ材で固着していますが、本体に傷が付かない様にプラスチックのドライバーを用いて外します。Unmagneticの工具があれば別ですが、金属のドライバーは、カートリッジの磁力により吸引されて操作を誤ります。
DSC05212.jpg

以下が、コイルとカンチレバーの根元
 磁気回路を構成するプレートは、簡単に外れるので、移植のし易さから外します。赤いダンパーはシリコン系のゴムのようです。このゴムのヤング率と、手前の四角いマグネットの磁束密度、コイルの線材の組み合わせで、製品のバラエティーを構成している様です。
DSC05222.jpg

移植する針
 移植する針は、オリジナルのカンチレバーより少々太い事が肝要です。今回は、得体の知れないカートリッジの針より、廉価な新品のMMカートリッジの針を移植する事にしました。廉価で音の良い針を探したところ、オルトフォン「Omega」というカートリッジが、巷で好評なので、早速入手しました。スタイラスは、楕円針ですが、無垢のダイヤモンドでは無いようです。
Omega.jpg

針の摘出
 針をニッパーで、カットする様な荒いことはできません。切り口が潰れて広がり塵となります。今回は、ルーターで少しずつ切削して、針を摘出しました。針が無傷で取り出せたら、針の後部にある、マグネットを外します。ここまで来たら20%程の進捗です。 

針の接合
 カンチレバーの接合は、最大の難関作業と言えます。ここで、移植の成否が決定される一発勝負です。接着剤は、固まるのが遅く弾性の低い無機系の物が良いと思います。今回は、メタルロックというエポキシ系を使いました。移植する側のカンチレバーをテーパー状に加工(広げる)為に、縫い針を使って、丁寧に広げます。そして、折れたカンチレバー移植するカンチレバーがスッポリ収まる状態に根気よく調整します。
DSC05241.jpg

移植終了
 移植が成功したMC20 Super IIです。
DSC05258.jpg

肝心な音
 オリジナルのオルトフォンMC20 Super IIの繊細な音とは全く異なります。シュアーのMM、オーディオテクニカVMシリーズの様な力強い太い音です。一寸聴き込んでみますが、お遊びとしては、先ずは成功です。それにしても、オルトフォンのカートリッジは、日本製、米国製のそれと較べて、精度が高く良く出来ています。今回は、初めてのカートリッジの修繕でしたが、とても楽しかったです。しかし、実体顕微鏡が無く裸眼では少々辛いです。
DSC05253.jpg

コメントの投稿

非公開コメント