HDMI(LDVS)を用いたi2Sの伝送

 HDMI(High-Definition Multimedia Interface)は、複数のデジタル信号を伝送するために世界の名だたるメーカーがコンソーシアムを立ち上げて策定した伝送方式で、家庭内で使う範囲の長距離(20m)以上の伝送が可能です。その仕組を支える技術は、LDVS(Low voltage differential signaling)で、小振幅・低消費電力によるものす。その策定は古く、1994年にANSI/TIA/EIA-644として規定されました。又、その技術のベースが、差動伝送(differential signaling)であり、戦前に米国のベル研で開発され技術です。その技術を応用して、ラズベリーパイのi2S(Inter-IC Sound)をDACへ送り込んで、音楽を楽しもうという算段です。

LDVS送受信機
 i2Sの信号(ワードクロック、ビットクロック、シリアルデータ、マスタークロック)の4種類の信号を4組の独立したツイストペアーを用いて伝送するために、送受信機を用います。この考え方は、LANケーブルと似ており、極めて合理的な方法です。
 そして、この時の送受信機の電源供給方法と、4種類のデジタル信号のアイソレーションがノイズ対策上で重要な要素となります。
 送受信機のICは、TI製のDS90LV047/048を使用します。
DSC05205.jpg
 最近アキュフェーズ社では、この様な方式をLANケーブル(RJ-45)を用いHS-LINK Ver.2として、DF-65(デジチャン)、デジタルプリアンプに展開を始めました。

送受信機の電源
 電源として、クリーンなDC5Vと3.3Vが必要です。3.3Vは、基板上でDC5Vからレベルダウンするとして、テスト段階でDC5Vを複数用意するのは、少々辛いです。そこで、以下の006P電池による安定化された5Vを供給する基板を入手しました。
DSC05203.jpg
 上代200円(電池別)で、実験には最適です。最大供給電流が、100mAという上限が少々辛いです。でも、手軽で一寸した実験には良いです。この基板でDACのアナログ、デジタル、クロックの電源分離実験を行ってみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント