RASDAC+ Proの作製 その5

 RASDAC+ Proの安定稼働が実現できたので、そろそろケーシングを検討します。ケーシングの最大の難関は、OLEDによる表示装置のマウントと、背面コネクターの穴あけです。ステータス表示装置は、ipad等コントローラーで詳細を知れるので、表示装置の設置は必須要件ではありません。それより、背面のコネクターを、どの様にフィティングするかが、課題と思われます。
DSC05195.jpg

リアーパネル
 リアーパネルに設けるコネクターは、電源、LAN(RJ-45)、HDMI(LDVS)、RCAコネクターの4種類です。S/PDIFによるデジタル信号は、純粋なクロック信号が無いに等しく音が悪いので、今回は採用せず、2種類のビットクロック、ワードクロック、必要によりマスタークロック信号が有る i2S を LDVS で伝送する HDMIケーブルで伝送する仕組みに限定します。

HDMIコネクタ
 HDMIのコネクタの加工を美麗に行うのは結構至難の技です。又、RJ-45(LAN)のコネクタ加工も結構難しいです。そこで、以下のノイトリック(リヒテンシュタイン)のコネクタを用います。ノイトリックの取り付けは極めて簡単で、23φの穴をシャシーに開けて、後から3mmの皿ネジで取り付ければ完璧です。

以下の様に、ノイトリックのコネクタ+オスオス変換のコネクター(ケーブルでも可)+LDVS送受信機→i2S接続
XDSC05201.jpg

RJ-45
 以下のコネクタで、HDMIと同様に23φの穴で取り付け可能

XRJ-45.jpgHDMIyjpg.jpg

クーリング・システム
 ラズベリーパイのプロセッサ:Broadcom BCM2387が結構熱を帯びます。その対策として、CPUダイの熱をシャシーに逃がす工夫が必要です。シャシーとCPUの間に銅のブロックを挟むとか、ヒートパイプでシャシーに熱を逃がす工夫が必須と考えています。

コメントの投稿

非公開コメント