手作りアンプの会200回記念アンプ完成

 年末に放置してた200回記念アンプを、取り敢えず完成しました。
 毎年夏に催されるお寺大会で、三土会200会記念の行事を行う予定です。その200回に纏わる、200のワードが含まれる作品を出品する事ですので、アンプを作製しました。

DSC05085.jpg

片チャンネル200円のアンプ
 200円のPWMアンプで、PAM8006という型番です。このアンプの用-途として、テレビ、ラジオで、オーディオ用途ではありません。400円のスイッチング電源を入手したのですが、出来が悪くて、発火、発熱が心配なので、取り敢えず日本製のスイッチング・電源に代替して音出しを行いました。平滑キャパシターの総容量は、約0.1F (470μ×200個)です。

DSC05084.jpg

肝心な音
 今まで、自作したアンプの中で、最低の音質です。しかし、エネルギー変換効率が最高90%超のアンプで、供給する電気エネルギから音声信号への変換が高いので、音質とは別の意味で素晴らしいアンプと言えます。EMIフィルターを施す等改善する余地が有りますが、200回記念のお寺大会で、10分程の再生の為に、これ以上に投資を行うのは如何なものかと思い、潔く、これ以上弄るのは止めました。

DSC05087.jpg

このアンプの立ち位置
 フォステクスのフルレンジ・スピーカーを薄手のMDFキャビネットに収納して、ガンガン鳴らすのに合っていると思います。このアンプの歪っぽい音と、フォステクスの不必要に明るい音との相乗効果でJPOPを聴くのに最適と思われます。しかし、本来の使用目的は、エネルギーの変換効率から、バッテリーの持ち時間を気にするスマホ等、省エネ、省スペースを目的として使用されるアンプで、音質を求めて採用するのは如何なものかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

PAM D級アンプ 対決

2月のサンド会には、PAM8610のデジアンを持ち込みます。格安での頂上対決ですね!(爆)

Re: PAM D級アンプ 対決

コメントありがとうございます。

アンプは400円ですが、其れ以外の部品に、20倍の費用を掛けて、一寸後悔です。
2月のサンド会楽しみにしてます。