DACとワードクロックの関係

 昨年、ノイズ対策中にネットワーク・オーディオの要であるDACを交換しました。従前のRME Fireface UCから、同社のUCXに交換(アップグレード)したのですが、その時には、気づかなかった事として、内部のSteady Clockと外部のワードクロックで、音質の差が、かなり有ることに気が付きました。ノイズ対策を行う前は、その差は僅かでしたが、ノイズ対策によりクロックの確度の差が、顕著に音質面に現れてきました。

RME Fireface UCX
フロントパネルWCが点灯して、ワードクロックの供給とロックを表します。
W_CLOCK.jpg

クロックの見なし
 デジタル音源の要であるクロックを、以下のフローの様にコンディショナル・リサンプリングを行います。
W_Clk.jpg
 基本的には、CD音源が大半なので、ルビジウムのワードクロックを176.4kHz(4逓倍)に統一します。CDの場合は、44.1kHzから2逓倍の88.2kHzとして、88.2kHz、176.4kHzのSACD系は、リサンプリングせずにそのまま再生します。48kHz,96kHz、192kHzは、176.4kHzにリサンプリングする仕組みです。あいにく48kHz系のダウンロードして購入したハイレゾ音源が不利になりますが、正直、ハイレゾの殆どが、高音質でありながら、良い演奏が少ないので、CD系を優先しています。48kHz系に傾注して聞く場合は、ルビジウムのワードクロックを192kHz(4逓倍)に切り替えて、音源はリサンプリングしないで、再生します。

クロックの違いによる音の差
 DAC内部のSteadyClockをベースに再生すると、言葉で表現が難しいですが、簡単に言うと、「つまらない音」です。それと較べて、クロックをルビジウムのワードクロックにすると、不思議な事に音場感が豊かで、艶やかになります。特に前後関係の音場感が豊かになり聴いていて、とても楽しいです。何故、このように為るか不思議ですが、ノイズ対策前は、この様な現象をそれ程に感じませんでした。一時、ルビジウム・クロックの使用中止を考えましたが、残して置いて良かったと思いました。

ワードクロックと内部クロック
 RMEのサイトでは、SteadyClock(ステディークロック)の優位性を図柄入で力説しています。確かに他の業務用DACに較べて優れています。それでもルビジウム・クロックの方が優れているのか不明です。
 分周により得られるワードクロックと内部クロックでは、かなりのハンディーがあって、用途が異なります。クロックの電源品質、クロックの立ち上がり波形、中心周波数近傍のスプリアス等、ディープな部分でよく解りません。取り敢えず音が良かったので、現時点では結果良しとします。

SteadyClock™
https://synthax.jp/steadyclock.html

コメントの投稿

非公開コメント