バッハのブランデンブルク協奏曲

 久し振りに、ゆったりとした気分でレコードを聴きました。
 再生した曲は、バッハのブランデンブルク協奏曲です。この曲は「カール・リヒターとミュンヘン・バッハ管弦楽団 」と「アーノンクールとウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」のLPが好演奏で好みです。何れも1960年代のアナログ録音でありながら、素晴らしい演奏と録音です。未だこの演奏と録音を超えるレコードに出会った事がありません。

DSC05057.jpg

カール・リヒター(写真右)
 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 ハンスハインツ・シュネーベルガー(ヴァイオリン)
 オーレル・ニコレ(フルート)
 カール・リヒター(チェンバロ)
 カール・リヒター指揮
 西独・ARCHIV 1967年1月 ミュンヘン

ニコラウス・アーノンクール(写真左)
 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
 ニコラウス・アーノンクール指揮
 古楽器
 西独・テレフンケン:1964年

色の褪せない素晴らしい録音
 リヒターの録音は独グラモホン系のバロックを得意とするアルヒーフで、アーノンクールは、泣く子も黙る、テレフンケンの「Das Alte Welk」の重量版です。現在、販売されているCDと比べて全く遜色無く、美しく再生ができます。特にテレフンケンのレコードは録音レベル(ゲイン)が高く、最近人気のある、ニセレゾを完全に凌駕していると思われます。

素晴らしい演奏
 やはり、圧巻は、BWV1050 Allegroのリヒター自らのチェンバロによる長めのカデンツァです。この部分を聴くと改めて、リヒターがバッハを奏でてるのでは無く、「バッハが、リヒターに託して演奏をさせている」と言った感じが充分に解ります。そして、この演奏と録音が、1960年代(半世紀前)で有ることに驚嘆します。

LPとCDの相違
 LPとCDを聴き比べると、LPの方が華やかです、別の言い方をすると、少々歪っぽく煩く感じます。CDの方が圧倒的に安心して聴くことができますが、テレフンケンのLPのは、LP、CDの違いを超えた、独特の音の響き、艶を感じます、これは、LPだからと言うことではなく、何か特別な事を感じるレコードです。

ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会
2018年03月24日(土)にヤマハホールで演奏会があります。終わった後の二次会には銀座7丁目という場所は最高に良いです。
https://www.yamahaginza.com/hall/event/002849/

コメントの投稿

非公開コメント