ウェーブ・パーフェクト・オーディオ

 今日は、神田駿河台で、「ウェーブ・パーフェクト・オーディオ体験会」に参加してきました。駿河台といっても、御茶ノ水のアテネフランセの近くの男坂の隣のエスパス・ビブリオと言う、多目的小ホールで行われました。久々に御茶ノ水界隈を訪れると、学生時代を思い出ました。今は無き日仏会館、テント式のビアホールのコペンハーゲン跡を尋ねましたが既に跡形もありません。しかし、今でも男坂、女坂はあり、学生街の喫茶店のモデルになった、レモン(浜田病院交差点突き当たり)は変わりありません。西村伊作によって創設され文化学院は、玄関のアーチ部分のみ残して、既にビルの一部として保存されています。オーディオのイベントも良いですが、改めて、御茶ノ水界隈の散策に訪れたいです。

アテネフランセ
池袋西口のロサ会館と同じ色です。日仏会館と、ここにフランス語の勉強で来ましたが、フランス語はさっぱりでしたが、女性の友人が沢山できました。
DSC04906.jpg

男坂
この坂の右手に女坂があり、水道橋方面に下ります。こんな坂の途中に住んでみたいです。
DSC04912.jpg

レモン
ガロの学生街の喫茶店のモデルです。駅前繁華街の喫茶店「丘」という誤った説があります。御茶ノ水には雰囲気の良い喫茶店が沢山あり、長い時間を過ごしました。
remon.jpg

ウェーブ・パーフェクト
 ウェーブ・パーフェクトとは、スピーカーから出力される音声信号が、如何に音源のデータに近いかを問うために、スピーカーの音を測定用のマイクで拾い、AD変換後に音源のデジタルデータと比較して、その類似(相似)度合いを定量的に測る物です。それにより、スピーカーの良し悪しの判断基準とする考え方です。

比較のシステム
 以下の写真の様に異形のスピーカーが、ウェーブ・パーフェクトを追求したものです。その隣のB&W805Dは比較されるスピーカーです。スピーカードライバーは、三菱ダイアトーンSA1000で、カーオーディオ用のスピーカーです。異形のキャビネットを包んでいるシートは、アルカンターラというベッチンの様な布です。アンプはアイスパワーアンプとデノン製のPMA-50で、双方ともPWMのデジタルアンプです。そして再生ソフトはJRiverだそうです。単一のシステムで、スピーカーを瞬時に切り替えて比較しないと、目的が解らなくなるリスクが有ります。
DSC04914.jpg

肝心な音
 異形スピーカーの音は鋭く、聴いていて疲れます、恐らく測定数値は優れているのでしょう。それと比べて、B&W805Dのクロスオーバー付近の中域は、一寸歪っぽい音がします。しかし、安定感がありソノリティーが高く、ボーカルが前面に出て、聴かせ方がとても上手です。聴いていて音楽そのものを楽しめます。

評価について
 今回の様な体験会は、極めてリスキーだと思います。趣旨を理解しないで参加して、この体験会に相応しくない質問がなされ、間違った評価が行われる恐れがあります。又、オーディオに対する思いは、人それぞれなので、それを一義的に比較するのは危険と思えます。ふと思ったのですが、尖がったマルチアンプのシステムではなく、サブシステムとして、お茶漬け「サラサラ」の様に、LCのパッシブ・ネットワームで、良く出来たB&W805Dの様なスピーカーを用い、アンプ、CDP等を色々なバリエーションで交換して各機器の個性を楽しむのも有りかなと思いました。

後で解った事
 DENON PMA-50のDDFA(PWM)は、Hypex社 UcDの特許であるアナログフィードバックによる方法を回避しながら無理して特性を出すためにデジタル領域でフィルタの外側からNFB処理を行い、事実上、測定値と聴感ともにHypex(Ucd)に遥かに及ばない様です。

コメントの投稿

非公開コメント