贅沢な一時、Myuさん邸を訪れました

 昨日は、伊豆高原にお住まいのMyuさん邸に、G氏と一緒に訪れました。Myuさんのお住まいは、伊東駅から、車で一寸の閑静な高級別荘地で、自然に囲まれながら、お洒落なレストラン、バー、ライブハウスがあり、近くには、徒歩で7分ぐらいの所に、一碧湖がある素晴らしい所です。聴かせていただきました、オーディオシステムは、細部に渡り美しさが追求されており、使っている機器もシックに揃えられて、音の良さに相応しく、水も漏らさぬ美しいオーディオ機器で構成されています。

伊豆高原 一碧湖
 成因は、大室山の噴火時の水蒸気爆発により出来たマールだそうです。
DSC04859.jpg

リスニング・ルーム
 部屋の形は、切り妻の屋根を最大限に生かした異形で、左右に対向した壁は平行ではなく前後でオフセットされていて、音の反射が適切に制御されて、可能な限り定在波が生じない工夫がなされています。
DSC04866.jpg

スピーカー
 スピーカーは、アクトン(Accuton)を基調とした、セラミック・ドームスピーカーのマルチシステム(緑ラインの組み合わせ)と、ソニーの業務用ホーン・ドライバーとアクトンのミッド・バスの組み合わせ(赤ライン)の銘木ホーン・スピーカーシステムです。双方の構成に38cmソニー製業務用ウーファーが、大型密閉のキャビネットで加わります。
DSC04863.jpg

オーディオ機器構成
 ・上流(再生装置) クリックで拡大
Myu_In.jpg

 ・チャンネルデバイダー・アンプ・スピーカー
Myu1.jpg

音の感想
 部屋が異形で、定在波が少なく残響は、400msで、音楽を聴くには最適な値です。セラミック・ドームスピーカーのマルチシステムもホーン・ドライバーとアクトンのミッド・バスの組み合わせも丁寧に調整されて、双方とも素晴らしいです。セラミック・ドームスピーカーは、鮮度が高くクラシックに向いており、広い音場感が高い位置に作られます。ホーンスピーカーシステムは、マッシブ感があり、ソノリティーが高くジャズ、ポップスに向いています、しかしダイレクト感が有りながらホーンに有りがちな臭さが無くクラシックにも向いています。その構成の選択は、好みにより随時選択可能という、とても贅沢な聞き方が出来る仕組みです。冬の夜長を音楽とワインで過ごした贅沢なひと時でした。

コメントの投稿

非公開コメント