CDリッピングソフトのその後

 Appleの世界開発者会議WWDC 2017のセッションにおいて、iOS 11及びMac OS High SierraがFLACフォーマットのオーディオファイルの再生に標準対応すると表明されました。FLACとWAVは、CDを超える音質のハイレゾ音源によく使われるフォーマットであり、iOSで特別なアプリを必要せずに高音質な音楽を再生できるようになります。Appleには、ALAC (Apple Lossless Audio Codec)とよばれる、アップル独自の可逆圧縮方式のオーディオコーデックが有りますが、Appleの常套手段であるロイヤリティー支払いから敬遠されて、殆ど広まっていません。
 未だ、リリース時期は未定ですが、これでようやく自宅の音楽DBとタブレット端末とがシームレスに動作します。ハッキリ言って遅すぎました。

Appleのコーデック
 現状のiOSのAAC、ALAC、WAV、ビット深度48Kbps/16bit*では、時代遅れ感は否めません。特に、デファクト・スタンダードであるFLACのサポート無しには、ヘッドホン・ステレオのユーザー確保には限界があります。その事を、Appleは悟ったのでしょう。

リッピングソフトの変化
 iTunesのFLACサポートにより、リッピングソフトの優劣の図式が入れ替わる可能性があります。現在、dBPoweramp、Media Go(SONY)、iTunes(Apple)を目的に合わせて使い分けています。通常、潤沢にアルバムアート、CDタグが取得できる場合は、dBPowerampを用い、Gracenoteだけから取得可能なCDタグの場合、Media Godeを用いてリッピングしています。又、iOSで用いる場合は、iTunesでリッピングしていますが、とても面倒です。これが、AppleのFLACサポートにより、iTunesを使わずに済む事になります。やれやれ!

dBPoweramp
 ステディーなリッピング機能に加えて、FLACのUncompressedの属性でリッピングが可能な唯一の有償ソフト。FLACのコーデックのパラメータとして、Uncompressedの機能があり、その機能にブリッジしている。CDのタグ取得は、Gracenote(業務用CDDB)にアクセスできず、取得精度は今ひとつ
クリックで拡大表示
dBpoweramp.jpg

Media Go
 SONYの無償のメディア対応ソフトで、GUIの出来が素晴らしく、CDのタグ取得もGracenoteから取得しており、取得精度は良い。但しFLAC出力はレベル5に固定で、Uncommpressedに非対応で、物足りない、しかし標準的な使い方であれば、全く問題なくバランスが良い。一番気になる点は、CDのリッピング精度が、天下のSONY製でどの程度確保されているか?・・・リッピングに失敗する様な汚いCDは相手にしないとか?
クリックで拡大表示
Mediago.jpg

iTunes
 独特のGUIで慣れが必要、現状ではALAC、AAC、WAVのサポートのみ、CDのタグ取得は、Media Goと同様にGracenoteから取得しており精度は高い。iPhone、ipad、ipodとの連動で嫌々のところ、強引に使わされている感は否めない。FLACのサポートが無い現状では使いたく無い、一人よがりのソフト。
クリックで拡大表示
XiTunes.jpg


最近のリッピングソフトの評価

 CDタグの取得
 Media Go:〇 dBPoweramp:△ iTunes:〇
 
 タグ編集
 Media Go:△ dBPoweramp:〇 iTunes:△

 リッピング精度
 Media Go:△ dBPoweramp:〇 iTunes:×

 サポートファイル形式
 Media Go:△ dBPoweramp:〇 iTunes:×

 早い話が、dBPowerampでGracenoteがサポートされば、完璧と言う事です。有償の値段が倍になってもサポートして欲しいと思います。

結論
 現時点では、有償のdBPoweramp、無償のMedia Goを使いこなせば、特段問題無と言えます。

コメントの投稿

非公開コメント