JPLAY三台構成のPCオーディオを聴いてきました。

 最近コアなPCオーディオのソフトとして、JPLAYというソフトを聴かせていただく機会に恵まれました。今まで、雨後の竹の子の如く現れては、消えていったプレーヤーソフトが多々ありますが、JPLAYは比較的長い期間消えずにいます。現役で正しく進化しているソフトとして、Microsoft Windows Media Player、Apple iTunes,、Foobar2000、JRiver Media Centerが生き残っており、マイナーなソフトを探せば、バクヘッド何とか、Hi何とか等がありますが、殆どが終息に向かっています。その終息を加速したソフトの一つとしてJPLAYが有ります。

PCオーディオの特徴
 PCオーディオは周到なるノイズ対策に尽きると思います。最近の電子機器は、12V,5V,3.3V,1.8V等の複数の電源を必要として、その生成の殆どがDCDCコンバーター(スイッチング電源)で生成しています。効率の都合上その変換の際に生ずるEMI(Electro Magnetic Interference)から音楽信号を如何に隔離・保護とその除去を行か課題となります。
 
JPLAYは
 パソコンの機能を音楽再生に特化して、サウンドボードをレンダリングする専用PC(Audio PC)を設けて、そのパソコンはノイズ対策を徹底的に行い、そのパソコンをLANケーブルでアイソレートして制御と音源を送り込むパソコンを設けるものです。エキセントリックに機能を分離していくと、control PC、audio PC、Server PCという専用パソコンを設けることになるシステムです。

試聴したシステム
以下が、今回聴かせていただきました、PC群です.
tripl.jpg

試聴したパソコンの姿です
 右の黒い三台がJPLAYのパソコン群で、その手前が、12Vと18Vのリニア電源でAudio PC用です。このリニア電源から(PicoPSUスイッチング電源)でATX電源を生成しています。この三台のパソコンでオーディオの最上流であるプレーヤーを構成します。PicoPSUは95%の変換効率優先のデコデコで、スイッチング汎用のICが搭載されており、その発振周波数は300kHz(PWM制御方式)で、ノイズ対策が結構難しいです。
DSC04822.jpg
パソコンの写真といっても何か特別に変わっている訳でも無く、極普通のしょうもない写真です。

肝心な音
 バランスの良い素晴らしい音です。その要因がJPLAYのソフトによるものか、徹底的なノイズ対策によるものか、はたまた、下流システムの高い完成度に寄るものか、正直言って解りませんでした。INTONA(アイソレータ)の有無の差も余り無かった様です。ハイエンド・パソコン三台、周辺機器、設置スペース等の投資額と、Linn等のネットワーク・プレーヤーと比較して、どの様に違うのか興趣は尽きません。

コメントの投稿

非公開コメント