スピーカーの持つ素の特性を測定して、再検討

 スピーカーの持つ素の特性を測定して、クロスオーバーを再検討してみました。

ATC SM75-150 ダイアフラムの保護とホーン効果を狙ったWaveguide
DSC04770.jpg

素の特性
 ウーファー(黒)Scan-Speak Illuminator 15WU/8741T00は、典型的な紙のダイアフラムで、近代的な設計の特徴のブレークアップが6khzから始まり、剛性の高さを現しています。トゥーイータ(青)Scan-Speak Revelator D2908/7140000は、チタンのダイアフラムながら、それ程高域が延びず、テキスタイルのダイアフラムの様に穏やかな特性です。スコーカー(赤)ATC SM75-150は、思ったほどフラットでは無く、古典的で使いにくい特性です。Waveguideによる位相の回転が800Hz付近に生じて、4,500Hz付近にエッジの共振(反転による打消し)による激しいディップが生じます。
XOriginal.jpg

2Wayの検討
 元々、ウーファーとトゥーイータは、Scan-Speak推奨の組み合わせのため、測定結果の数値を見ると、クロスオーバーの周波数と僅かなゲイン調整で、綺麗に繋がる仕組みとなっています。その証拠が以下の特性で、クロスオーバーの周波数を決めて、トゥーイータのゲインを2~3dB SPL調整すれば、万事上手く行くように出来ています。
X2Way.jpg

3Wayの検討
 まともに動作する2wayに、無理してスコーカー加えて、しなやかに繋がっている竹に無理して木を間に入れる様です。スコーカーのATC SM75-150は、高音圧と分離を目的としたスタジオモニターの核となるスピーカーで、くつろいで聴くスピーカーでは無い様です。それでも何とか切り貼りして得られた結果が以下グラフです。800Hz付近では、一見レベル的には良さそうですが、スコーカーの位相が回転してウーファーとの繋がりが極めて悪い状態です。800Hz付近のクロスを避けて、48dB/oct.以上の急峻な遮蔽特性でクロスするか、あるいは、Waveguideを取り除いて800Hz以上の軸外応答の改善を行うか必要です。
X3way.jpg

3Wayは必要か
 並みの3Wayより良く出来た2Wayの方が、点音源に近く、良い事が想像できます。そこで、良く出来た点音源の3Wayを検討してみることにしました。

コメントの投稿

非公開コメント