消音パソコン(クワイエットパソコン)へ移行 最終

 クワイエットPCの調整をそろそろ終えて、スピーカーのセティング等、部屋の音響の調整に力を注がないと、音質を支配する最大の部分の改善が、なおざりで、バランスを欠いた結果になっています。珠玉のPCでは無いけれど、「PCをコテコテと磨く」のも終りにしたいと思います。

最終の機器構成
クリックすると拡大されます。
Hard.jpg

クワイエットPCの感想
 クワイエットPCを組み立あげて、振り返れば総て妥協ばかりの産物です。資金の都合による妥協が最大であり、次いで、自分のスキルの無さから来る妥協と、設置スペースの狭隘さから来る妥協の産物です。しかし、絶対に譲れない、クーリング・ファンレス(CPUファン、ケースファン、電源ファン)が実現出来たので、電気信号の低ノイズ化に加えて、ファンの風切音よる暗騒音の低ノイズ化も実現できて、導入して良かったと思います。以下がその一例です。

ファンの電源5Vにブラッシュレスモータのファンを接続して、速度制御がなされていると、以下の様なノイズに汚染されます。
Noise.jpg

ファンの電源ケーブルを外して、BIOS上でファン無しに設定すると、見事にノイズが重畳されず、クリーンな5Vになります。
Noise_None.jpg

オーディオの音質の支配の割合
 音の良否を支配する割合は、悲しいかな、大半が部屋(リスニングルーム)とスピーカーで決まります。アンプに至っては、余程に酷いアンプで無い限り、そこそこの再生が可能なので、支配の割合に合わせてオーディオ機器に投資するのが望ましいと思います。1,000万円の資金が有ったら、部屋に400万円投じて改善して、アンプは30,000円程度の物にするか、部屋に30,000円で改善を行い、アンプに一点豪華主義のアンプを備えるかですが、結果は想像がつくと思います。
shihai.jpg

残すは部屋とスピーカーの調整
 Floyd e.Toole著のSound Reproduction: The Acoustics and Psychoacoustics of Loudspeakers and Rooms (Audio Engineering Society Presents)を参考にマルチチャンネルオーディオ、スピーカと部屋の音響、心理音響とその評価プロセスを参考に改善してみることにします。 Sound Reproductionという書物は、オーディオ機器(ハード面)については殆ど記載されてなく、与えられた、スピーカー、部屋、什器のレイアウトにより、音響面、心理音響面で、どの様な事が生じて、それをどの様に解決するかが記載されています。特に、音の直接音、反射音に対する記載が、550頁の内、7割を占める力の入れ様です。この様な書物は国内では殆ど無く、又、国内では一番遅れている部分だと思います。オーディオセット、部屋、什器の設置方をトータルに研究した成果です。

オーディオのあるべき姿
 やはり、スピーカーの存在が無く、オーディオ機器が部屋の中央に鎮座せず、選んだ曲がシームレスに優しく流れる・・これが理想です。 電源投入の儀式もなく、飽きたらブッツり電源を切り部屋を後にする・・・これも必要です。良質なミュージックソースをタブレット端末から選択して、音量は、聞いてる場所から自在に調整する・・・又、リスニングエリアが広大である、これがあるべき姿で、最終目標です。
478C6491.jpg

次へのステップ
 偶然にもイコライザーによる帯域毎のマグネチュードの調整を行わないで、フラットな特性が得られています。次のステップでは、PCを廃止して、チャンネルデバイダーに置き換えて、プレーヤーをLINN等にすれば、脱PCが実現すると思います。

コメントの投稿

非公開コメント