リレー式のアッテネータが完成しました

 今日は、穏やかな初秋の秋葉原で、「手作りアンプの会」主催のリレー式のアッテネータ作製会に出席して、最後の仕上げと動作試験を行いました。

ファイナルの抵抗の決定
 アッテネータの出力に繋がるメインアップの入力と平行となる抵抗の値と種類を決定して取り付けました。この抵抗は、負荷が常時掛かる部分で、音質を決定する度合いが大きい部分です。そこで、今までの経験則から金属箔抵抗を迷わずに選定しました。
 取り付けた抵抗は、Vishay無誘導金属箔抵抗 VSR(0.25W) 0.1%で、このアッテネータに繋ぐメインアンプの入力インピーダンスを20KOhmと想定して、6.8KOhmとしました。R-Rの抵抗は、オリジナルのTAKMAN REY50 0.5W 1%で、音響用抵抗の品質として申し分ありません。

黒い四角のVishay VSR金属箔抵抗と、青磁色のTAKMAN REY50です。
VSR.jpg

2Way電源への変更
 オリジナルの電源の仕様は、パワーパック(安定化スイッチング・ACアダプター、トランス式ACアダプター)ですが、それに加えて、筐体内部にバッテリー・チェンバーを設けて、AC電源とバッテリー駆動が可能な仕組みにしました。バッテリーで駆動しても、消費電力が6V/0.12VAなので、連続で数日連続稼動が可能なので、充分実用に耐えられます。

以下の様に、電源スイッチを設ける事にしました。バッテリーの重さにより適度な安定感が得られました。
DSC03358.jpg

今後の予定
 リレー式アッテネータは、これにて完成として、オフ会等に持ち出して、有効活用を図りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント