リレー式のアッテネータを作製しました

 チャンネルセレクター付きのリレー式のアッテネータを作製しました。
 来る9月30日に「手作りアンプの会」の主催で、リレー式のアッテネータの製作会が催される予定ですが。それに先立ち、リレーのキットを作製させていただきました。

DSC03351.jpg

作製した観想
 今まで作製したリレー式のアッテネータと比べて、極めて合理的に設計されて、インプリメンテーションが容易です。既製のケースを用いて、前面パネル、背面のパネルが、PCBとシルク印刷で出来ています。作製時間は2~3時間で完成する事が可能です。

内部の写真
 10個のラッチングリレー(赤)を用いています。部品は総てDIP部品で、製作に際して、目や指先に優しい仕様です。
 アッテネータで7個(7ビット)と、ミュート用に1個、入力セレクター用に2個で計10個という贅沢な設計です。
DSC03355.jpg

簡単な仕様
 2Wayの入力セレクター機能
 入力のセレクション毎に減衰量の設定が可能
 赤外線リモコン機能あり
 チャンネル数:2
 最大減衰値:-63.5dB
 ステップ数:128
 ステップ毎の減衰量:-0.5dB
 インピーダンス:5kOhm
 外部表示装置で減衰値の拡大表示可能

コメントの投稿

非公開コメント