消音パソコン(クワイエットパソコン)へ移行 その9

改めて消音パソコン(クワイエットパソコン)とは
 パソコン内部からの雑音は、CPUファン、ケースファン、電源ファン、ハードディスクが中心です。ここまでは、ノートパソコンは兼用しているものの、殆どのパソコンで存在しています。更に加えて機器構成により、グラフィックボードファン、ハードディスクファン、BDファン、チップセットファンがあります。これらのファンの総てを無くしたのが消音パソコンで、結構ハードルが高い機器構成です。 

 今日は、電源の投入を行い、BIOS画面を表示する所で止めました。Fanコントロールをインヒビットする場所を調べて、30分ほどランニングを行い、発熱の状態を簡単に確認しました。
DSC03258.jpg

内部
 正面を見ますと高級なパワーアンプの様な佇まいですが、上蓋を開けると、MicroATXのパソコンである事が解ります。電気的なノイズの発生元であるFanが一切ありません。ファンからの雑音(ブロアーノイズ)が聞こえると、その音量より小さな細かいニュアンスが感じ取れなくなってしまいまい音楽本来を楽しめなくなります。
DSC03261.jpg

温度の確認
 CPUと電源関係は殆ど温度が上がりませんが、CPUやメモリバス側のチップセットが結構温まります。積極的な換気が無いので、一寸厳しい状態です。
 写真で赤い丸で囲んだヒートシンク
DSC03262.jpg

チップセットのクーリング
 現行のヒートシンクは、キャビネット内部のエアーフローを期待して小型の物が装着されています。何らかの対策が必要と思われます。

今後の問題
 チップセットのクーリングの為にヒートパイプとするか、大型のヒートシンクに交換するか検討を行います。そして、最終的には、負荷試験のソフト OCCT 4.5.1 を用い温度測定を行う予定です。それからファインメットビーズをATX電源のケーブルの途中に入れる予定ですが、当分先になりそうです。

OCCTの画面キャプチャー
画面をクリックすると拡大されます。
LOADTEST.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 チップセットはともかく、CPUやGPUの温度表示が変じゃありません?こんなに高いんですか。

Re: No title

コメント有難うございます。

 OCCTの画面はサンプルで、常用のノートパソコンで、最大負荷を掛けた練習結果です。クワイエットパソコンの負荷試験はこれから実施します。紛らわしくて、すみませんでした。