新リレー式アッテネーター attenuator その17 最終

 昨日は、手作りアンプのオフ会(三土会)に参加して、無事に稼動させる事ができました。途中、プレーヤーのボリュームを絞っている事に気づかずに、音量を上げても音が大きくならずに、冷や汗をかきましたが、特に問題なく発表を終える事が出来ました。

最後の改善
 帰宅してから最後の処理として、電源部からアッテネータ本体へのリンケージフラックスを避けるために、PCパーマロイ(IEC60404-8-6、1999:軟質金属磁性材料) のパネルで、仕切りそして、パーマロイのシールド板をフレームグラウンドに落として、シールド効果を高めました。SNRの測定を行っていませんが、何れ機会が有ったら行いたいと思います。今日測定して、SNRが悪い事が判明すると、落胆が大きいので、取り急ぎの測定は止めます。最大音量(0dB)、最小音量(-63.5dB) にしても、全くノイズが生じませんので、完成として良いと思います。

 電源部をPCパーマロイでシールドした様子です。
DSC03148.jpg
 ※PCパーマロイは78-パーマロイにMo、Cu、Cr等を添加したもので、パーマロイの中で特に高透磁率の素材です。 

完成の記念写真
 完成の記念として、旧アッテネータ(3Way)と最新アッテネータ(4Way)の記念写真をとりました。
DSC03156.jpg
 上が新アッテネータで、下が旧アッテネータです。容積比では、旧から新へ3分の1に縮小することができました。

製作を終えて
 今回、アッテネータを作りにあたり、手作りアンプの会のI氏には多大なるお世話になりなりまして、深謝いたしております。末永く大切に使いたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント