新リレー式アッテネーター attenuator その9

 シャシーにD-sub(DB-25)を取り付けるところで、悩んでいます。
 DB-25をシャシーにつける場合、シャシーの表面(フロントマウンティング)と背面(リアーマウンティング)によって、加工方法が異なります。加工後の美しさでは、リアーマウンティングで、機械的な強度面でも優れているようです。しかし、取り付け精度が要求されて、固定する六角のナットの高さも、取り付けるシャシーの厚さにより異なり、素人では難しい取り付け方です。片やフロントマウンティングは多少精度が出てなくても、誤差がパネルで隠れてしまい取り付けが簡単です。
 詳しい取り付け方は、ここ
DSC03048.jpg
 写真中央の上が、リアーマウンティングで、下がフロントマウンティングです。明らかに上の方が美麗です。
 左下は、オーストリア ゴッサムオーディオ(Gotham Audio Cables)製のブレークアウト・ケーブル8チャンネル分が、DB-25のシェルに無理なく収容可能か、検証した結果です。 ゴッサムオーディオのケーブルは、マイクのノイマン(Neumann)の純正ケーブルです。

サブシャーシ
 3mm厚のアルミ合金でサブシャーシを作り、既存のRCAコネクタの穴を塞ぎながら、DB-25を取り付けます。

ロータリーエンコーダ
 フロントパネルのロータリーエンコーダーとして、コパル製の高品質な物を入手しました。
DSC03047.jpg

抵抗の音質
 アッテネータに用いる抵抗を何種類か準備して、耳の肥えた方々により試聴を行い、抵抗の選定をおこなう予定です。
 抵抗はチップ型、従前のリードタイプ、MELF等を揃えて、金属皮膜、金属ホイル等、名だたるメーカーの音質を聞き比べて最適化を行なう予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

DSUBのスタッド

DSUBのネジは緩むので、これを愛用してます。ミリ用、インチ用があります。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=7DWE-SLG5
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=3DWE-SLGP

Re: DSUBのスタッド

コメントありがとうございます。

 そうなんです、何時もスペーサーがグルグル回って、外れてしまいす。
 このスペーサーが外れると、ドえらい事になります。
 こんな便利な物が有ったのですね。早速、採用させていただきます。

No title

いつも美しい仕上がりで、目の保養をさせていただいております。抵抗器につきましては、同じブランドでも耐ワット数で大分音が違うようです。可能でしたら是非お試しを。

Re: No title

 アドバイスありがとうございます。

 パワーアンプでは、体験した事があります。
 小信号でも効果があると思いますので、ワット数を色々と変えて実験してみます。