新譜プレス発表会に行ってきました

昨日(6月20日)は、東京赤坂にあるシンタックスジャパンで発表会を行われRME Premium Recordingsのプレス発表会に行ってきました。シンタックスジャパンはRMEの日本の現法です。今回は南北線の六本木一丁目から、レンタル・サイクル(電動アシスト)で楽しみながらエクスカーションにお邪魔しました。

港区自転車シェアリング(BE FREE Tokyo)
 六本木ヒルズに近い地下鉄の出口にあります。150円/30分、又は、2,000円/一ヶ月ですが、短期間は結構高いですね。
 詳細はここ
XIMG_0144.jpg

今回の新譜リリース 情報
『Contigo en La Distancia』~遠く離れていても~  喜多直毅 x 田中信正
 初めて聞いた時に感じる不協和音(ザラツキ感)が、ヴァイオリンでは無く、和楽器それも尺八、琵琶の様な音がして、聴いている自分の鼓動が早まっているのに気が付きます。聴いていて「死」を感じる不思議なバイオリンの音色。RME Premium Recordings の11 作目となるアルバムは、そんな不思議な力を持った作品です。その(ザラツキ感)の正体は、ガット弦で羊や牛の腸を使っており、古来あらゆる弦楽器の弦として広く使われてきたものですが、温度や湿度の影響を受けやすく伸びやすいため、時間の経過とともに変化して、チューニングが難しく、弦自体の寿命も短いので、次第にスチール弦やナイロン弦に置き換わり、現代のクラシック音楽では余り使用されることがなくなりました。しかし、独特のあたたかみと肉声のような絶妙なハスキー・トーンが、得も言われぬ表現力を与え聴くものを魅了します。
 魂のヴァイオリニスト 喜多直毅と、比類なきピアニスト 田中信正が奏でる、ラテンアメリカ珠玉の名曲集。 ピアソラ、ジョビンを始め、ブラジル、アルゼンチン、キューバ、メキシコの新世界クラッシックが、現代のクラシック音楽ではあまり使用されないガット弦による独特なヴァイオリンの音色を楽しむ事が出来ます。

ヴァイオリニスト 喜多直毅さん
 演奏者の喜多直毅さんと、ピアノ調律師の三ケ田美智子さんのお二方で、ピアノとピアニスト 田中信正さん、ガット弦のヴァイオリンについてのコアな話をしていただきました。今回使用したピアノは、敢えてニューヨークスタインウェイーを選んだとのことです。それは、ドイツのスタインウェイーに比べて、肉声、ヴァイオリンとの組み合わせに良く合うとの事です。
IMG_0150.jpg
 左が調律師の三ヶ田美智子さん、右がバイオリニスト喜多直毅さんです。三ヶ田さんは調律師の枠を超えて、音楽に係わる様々な方々の出会いを実現される方です。
喜多直毅さんの公式サイトは、ここ

音楽を口三味線で表すと
 摺動音、打音、炸裂音と言った感じで、琵琶の音が近いと思います。
XIMG_0164.jpg

録音
 録音は、昨年の11月29日から30日に三鷹芸術文化センターで行われて、Mick Sawaguchi氏が担当されました。
 ワンポイントステレオマイクで行われ、音場感をキャプチャーするた為にサンケンのCO-100K( 20Hz~100kHzの広帯域収音)を離れた場所に用いています。小音量の時は、綺麗なプレゼンスを感じますが、フォルテシシモになると、ヴァイオリンとピアノが交じり合い分離が悪くなり音場がコンパクトになった錯覚を起こします。又、鮮烈なヴァイオリンの音にピアノが負けてしまい、被った音で、一寸残念です。各マイク毎に録音のチャンネルを割り当て、マイク間のタイムアライメントの調整を不要としていますので、マスタリングで改善可能かと思います。

Mick沢口さん
IMG_0167.jpg

コメントの投稿

非公開コメント