2017年夏お寺大会

 手作りアンプの会主催の2017年夏お寺大会が、6月17日(土)17時から開催されました。「B電源にスイッチング電源を使用した真空管アンプ大会」に、作製した6AB8プシュプルのアンプを出品しました。今回は出品者が20人と多く、一人辺り割当時間が5分程度です。この5分間に真空管アンプの持ち込み、セティングから音出しのチェック、アンプの説明、音出し、撤収を行います。5分とは半導体アンプでも少ないのに、フィラメントを熱して音がでる真空管アンプの場合は、限界で一発勝負です。フォミュラー1のピットインの様で、前のアンプの撤収が終わる前に、次のアンプが運び込まれます。同日ルマン24の決勝が行われていましたが、さながら田舎の収穫祭といったところです。
0020.jpg

結果
 音の良し悪しとか、再生する音源の良し悪し等関係なく、音が出るか否かが最大の問題です。20人の内、聴くに耐えられる音のアンプは、3~4台で、他は球のウオームアップ不足で、バズ音が聴こえたり、歪んだりで製作者が気の毒です。最近には珍しくベテランの作成した音の出ない6BM8SEアンプもありました。やはり、直熱管の場合ウオームアップが短時間で完了するのでかなり有利です。私のアンプは ハッキリ言って産廃同様で、玉砕状態でした。

スイッチングB電源の難しさ
 ノイズ対策が非常に難しいことと、フィラメントが充分に温まる前に音が出始めることで、折角よく出来たアンプの本領が発揮出来ないまま終了となり残念です。

今後の課題
 この様な、バタバタと忙しない発表会は、如何なものかと思います。運営方法は今後改善されるべきであり、今後この様な流れが続くと、出品者はそれなりのアンプを出品するか、出品数が減少すると思います。
まあ〜、年二回お寺で行うお祭りなので、阿波踊り同様に出品して楽しむ事に意義有りですね。

兵どもの夢の跡
 深夜に渡り催されるので、帰宅しないでお寺に泊まる方が大勢いらっしゃいます。そして翌朝は朝カレーをいただいて、解散です。とても楽しい二日間でした。
X2020.jpg
若き日の合宿の昼食を思い出します。

コメントの投稿

非公開コメント