スイッチング電源の真空管アンプ作製 改善

 12Vのスイッチング電源で、ヒーターと+B電圧(200V)の基となるDC12Vを供給しますが、先ずはスイッチング電源の12VのEMIノイズを減らす為に、村田製作所 EMIフィルタ ブロックタイプエミフィル BNX005-01を通して濾過します。番号①  次にDC12からスイッチング電源によりAC175Vを作り、それを整流後ごDC200Vの+B電源を作製します。そのスイッチング電源のコンバーターからのEMIノイズを少しでも減らすために、日立金属製のファインメットコアーにコモンモード巻を施したフィルターに+Bを通します。写真②
 DC12Vから+B(200V)を作るDC-ACコンバータのEMIノイズ拡散を防ぐために、洋白のケースを作り、シールドして、フレームグラウンドに落としました。洋白は銅と亜鉛、ニッケルから構成される合金で、低周波から高周波のシールドを狙って、この洋白としました。写真③
 DSC02908.jpg
 洋白の詳細は、ここ
 洋白の身近な物として、500円硬貨、水晶振動子のキャンケース、HOゲージのレールがあります。

改造した結果
 ケースを洋白の板材からカットして作製するのに、少々手間取りましたが、半日ほどで終わりました。

肝心な音
 改善する毎に、音が小さく静かに感じます。EMIフィルターの効果の現れだと思います。改善して特性が良化すると、真空管らしさが無くなり、半導体でもない一寸変わった音になってきます。

今後の予定
 既に200時間以上経過して、特に問題なく動作しているので、これで完成として良いと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 私の方ではあまりのノイズデータは下がらなかったのですが、対策後はいかがですか。

Re: No title

コメントありがとうございます。
 EMIノイズ対策を行いましたが、好ましくないです。
 測定した結果、多少の減衰はあるものの、パルス状のEMIが沢山重畳されており、電源とアンプ部を設計当初から隔離の対策が必要と感じました。スイッチング電源をアンプから2m程離すか、Jeff Rowlandの用に厚い防護壁が必要かと思います。