田舎の古物市 つづき

Astell&Kern AK100IIのその後
 値段を交渉して、売値120と希望の100との中間の110ユーロで決着しました。しかし、保護ケースは別売で10ユーロなので、最終的には120ユーロです。本体とケースのパッケージは日本向けの商品なのですね。15,000円ならまあ~良い買い物が出来たと思います。夏のお寺大会で使うミニコンポCDPの出力が1VPPないので、困っていました。しかし、これがプレーヤーとして使えそうです。シメシメ・・・
DSC02894.jpg
 左上の蝶は、バカラのラッキーバタフライ ( トパーズ)です。サントノーレにあるバカラ本店(79 Rue du Faubourg Saint-Honoré)から購入しました。ナンシーから近いローレーヌ地方のバカラ村がオリジンなのですね。初めて知りました。

Astell&Kern(アステルアンドカーン)の音質
 比較対象として、同じ実勢価格帯で探すと、SONYのNW-ZX100となりますが、音質、操作性を考慮するとSONYのNW-ZX100の方が数段優れています。 Astell&Kernはすでに時代遅れですね。その為か日本の直営店(渋谷)が業績不振で閉鎖になったのもうなづけます。

フランスのオーディオショップ
 パリのパンテオンの近くにある「AVEC..Digital」というオディオショップに行って、キャバスの「Cabasse Tri-axial Loudspeaker」と言うスピーカーを聴いてきました。22万ユーロですから、日本円で257万円ですが、はっきり言いって、その値段の音はしてなかったですね、個人的には、B&W805ダイアモンドより落ちると思います。まあ~805の方がマスプロダクトなので、価格的に熟れています。それにしても目玉親父の様に不気味です。店員は日本のゲゲゲの鬼太郎を知っていて、日本人とわかと、「メダマオヤジ・オーパルルール」と頻繁に言ってました。パワード・ウーファーは写真に写っていません。B&Wのノーチラスと同様に奇を衒い過ぎたオブジェは、リビングに置けないです。音は、DIASOUL i (アイ) に似ていて、サービス・エリアがピンポイントです。
Cabasse.jpg
現在 オンキョーがCabasseのソウル・エージェントですが、このグロテスクなスピーカーは、幸いにも日本に輸入されない様です。フランスのアンプでアトゥール(ATOLL)がありますが、キャバスといい、デザインセンスが最悪ですね。無機質なアンプに動物の「珊瑚」という命名は気持ち悪いです。

コメントの投稿

非公開コメント