旅の準備

 旅は、足の向くまま気の向くままに・・・これが旅の理想です。
 訪問地、時間をキッチリと決めて、効率優先の行程を考えるのは嫌いです。今日から恒例の旅行ですが、今回は特に気が進みません。それは、何処を訪れてもテロ対策の監視体制で写真一枚取れないからです。パリは、未だに警戒態勢が解かれていません。そのような所に行っても全くつまらないです。

携帯するカメラ
 カメラは、なるべく小型で同一機種を、複数持ちます。異機種を持つとバッテリの互換、操作性の統一感が無く、撮影に無駄な時間を要す為です。又、一眼レフ等は、印刷を前提とした場合以外、性能的に不要です.。現在、デジタルカメラは、充分に成熟していて、最新機種を求める理由が全くありません。ノート、鉛筆と同様の文房具の一部です。
ちなみにこの写真はipad mini4で撮影しました。
IMG_0135.jpg
 SONY Cyber-shot DSC-T700という古いカメラですが、とても気に入ってます。第一の理由は、レンズが繰り出されなく、厚さが一定であり作りがとても丁寧な事です。
 
最近の撮影環境
 最近、日本国内でも同様ですが、先ず、他人の顔写真は撮れません。人物が断定できる距離の場合、100%撮影不可能です。撮って問題無いのは建物です、しかし、建物の敷地の中で、その建物を撮影する場合、権利が生ずるので、人物同様に許可が必要です。それでは、何を取るの?・・・となるのです。
 花とか、景色ですね、でしたらいっそのこと絵葉書を購入すれば、それで良い様な気がします。

カメラ業界の将来
 キッパ言わせていただきます・・「将来はありません」と、光学機器メーカーのガリバー的存在のカールツァイスは数十年前にカメラ事業から撤退しています。キヤノンの場合、事業規模で、カメラの占める割合は、19%以下です。しかし、日本光学の場合は、何と63%も占めていて、危険な状態です。京セラも既にカメラ業界から撤退して、好調な業績をあげています。さて、日本光学は、カメラ事業の優雅なる撤退(graceful degradation)ができるでしょうか?、東芝の様に経営責任が問われる事態にならない事を望みます。

コメントの投稿

非公開コメント