PARCサウンド鑑賞会 第7回目

 今年のPARCサウンド鑑賞会は第7回目となり、本日5/27(土)に開催されました。PARC製ユニットを使った自作スピーカーシステムを持ち込んで、鳴らしてみんなで楽しむPARCファンの集いです。コンテストでも無く、自由な発想の基に一人20分の持ち時間でスピーカー作成の成果を楽しく発表するのが主旨です。今回は9人によるスピーカーシステムの発表が行われました。
その詳細はここです。

出品作品
 スピーカーの出品の詳細は、別のサイトからの発表を、待つこととします。

冨宅代表の話
 ドリームクリエーション(PARC)の冨宅代表による、ソニー在職中に設計開発の旗振りをされていた、業務用ホーンドラーバーSUP-T11や対抗機種であるTADのTD4001ドライバーを聴き比べました。聞き比べは、ホーンを外してドライーバーの素の音で行われて、振動系の材質、構造の違いが、どの様に音質に影響をもたらすのか等、専門家当事者でしか知り得無いディープな話が聴けました。又、ドライバーとホーン(ベル)との関係、歪等、貴重なお話とQ&Aが行われました。
DSC02846.jpg
測定結果を基に考察と、音質の関係を説明されているところです。

Iridium17さんによるシミュレーション
それから、『自作スピーカー 測定・Xover設計マスターブック』の著者である、Iridium17さんによる、パッシブ・ネットワークのSpeaker workshopによるリアルタイム・シミュレーションが行われました。スピーカーの長岡式ヤッツケ工法ではなく、ARTAの測定データから音響工学に基づく正攻法の設計説明が行われました。
DSC02834.jpg

コメントの投稿

非公開コメント