プレーヤーの考察

 ネットワーク・プレーヤーを入手して、3日程経ちましたが、期待した程の成果が得られませんでした。そこで、早速、ラズベリーパイ(Raspberry Pi)とMPD(Music Player Daemon)のVolumioを用いて、メインのシステムにプレーヤーとして投入して、現状の方式との比較を行いました。リヌックスの研ぎ澄まされたプラットフォームとパワフルなARM Cortex-A53のCPUパワーでとこまでいけるのか試して見ました。

機器構成図
 以下の様に、MPDと直線位相FIRフィルターのチャンネルデバイダーをS/PDIFで接続します。チャンネルデバイダーには、ルビジウム クロックを供給して、S/PDIFのクロックを打ち直す事も可能としました。
RAS-1.jpg

入力S/PDIRクロックについて
1.Raspberry Pi任せにする方法
2.オーディオインターフェースで叩きなおす方法
3.ルビジウムクロックで叩きなおす方法
 以上の3方式でクロックを使い分けましたが、明らかにRaspberry Piのクロックは使い物になりません、音場感がなく、音がスピーカーに張り付いた感じです。それに引き換え、クロックを叩きなおす方法は、スッキリした音が得られましたが、何か音に足りない物があり、ダイナミックな感じがしません。

操作性
 MPDのVolumioの操作性と速度に関しては全く問題なく、2,000フォルダーのインデックス作製も2分程で完了します。ipadからはMpadとGoogle Cromeで操作が可能ですが、画面のクロールと切り替えも高速で、全く問題なく快適に操作が出来ます。
RAS-2.jpg

従前のfoobar2000との比較
 パソコンのSATAで接続されたSSDに音源を格納して、ルビジウムでロックされたFIRのチャンネルデバイダーにUSB経由で出力する極々普通の機器構成と音を比較しました。やはりこの音が一番落ち着いて、滑らかです。
foobar.jpg

肝心な音は
 ここで、現時点での結論が出たようです。
 ステディーな機器でシンプルな機器構成の音の方が良いようです。MPDとサウンドシステムをレンダリングする機器とを、S/PDIFで結合した事に問題が有りそうです。S/PDIFの出力側にデジタル・パッドがあり、その受側にも同様に最大音時の保証としてのデジタル・パッドがあります。その為にS/PDIFに変換を行うと、ビットシフトによるデータロスが生じて、ビットパーフェクトには絶対にならず音質が変化します。又、アンバランス伝送ですので、スパイクノイズ等に対して極めて脆弱です。

S/PDIFはデジタルか?
 普通デジタルのデータをコピーしたり、電線上を伝送する場合、2進のデータを送る場合、パケット(小荷物)j状にして、それの損傷を防ぐためのエラーチェック機構があります。そのお陰で、メモリーのデータをコピーしても、全く同じ(ビットパーフェクト)データが得られるわけです。現状のオーディオに用いてるS/PDIFには、その様なエラーチェック機構がなく、簡単に言えば「垂れ流し」の通信方式です。これに似た通信方式として、USB(Universal Serial Bus)のアイソクロナス転送があります。
 このS/PDIFを用いた通信と、USBのアイソクロナス転送は、可能な限り使用を避けるべき通信方式と言えるわけです。

S/PDIFは悪者?
 悪者だと思います、エラーチェック、コレクション機能の無いSPDIFは時代遅れです。しかしリダンダンシー(Redundancy)の無いお陰で、オカルト話がまかり通り、便利グッズ(ケーブル、コネクタ)の市場が潤っていると言えます。このS/PDIF通信方式を使ってメモリー等のデジタルデータのコピーを行った場合、そのデータを信用できますか?

SATAのSSD
 やはり、マザーボード直結のSATAのSSDに音源を置くのがベストだと思います。資金的に可能であるなら、ハードディスクをファイバーチャネルを用いてマザーボードから一定の距離を置きノイズ対策を施す・・・これがベストだと思います。そのマザーボードから、ファイバーチャネル、LANケーブルを用いて、サウンドボードをレンダリングする、これに尽きると思います。

ファイバーチャネル:RME MADIface XT
https://synthax.jp/madiface-xt.html

LANケーブル:DANTE
https://www.audinate.com/?lang=ja

Sony HAP-Z1ES
 そこでSony HAP-Z1ESをS/PDIFで接続する事に疑問を感じました。折角良くできたプレーヤーなのにS/PDIFがボトルネックとなって、別のラビリンスに突入しそうです。Sony HAP-Z1ESとデジタル・チャンデバをどの様に接続するのが新たな課題となりそうです。
 Sony HAP-Z1ESにi2s(LDVS)インターフェースを作るのが良いようです。まさにHAP-Z1ESにDante出力が可能になればよいのですが・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

デジタルの迷宮に入り込んでしまわれたようで少し気になります。

プロの世界で音の良さが確率された機器を凌駕するのは、日進月歩のデジタルとは云えそう簡単なことではないのかもしれませんね。

技術論的にはUSBとS/PDIFを排除できるDanteには大きな発展性、可能性があると考えていますが、それとても音の観点からは「デジタルワールド」の範疇から大きく飛躍できるのかまだ未知数なところもあると思っています。

脱PCは当方も模索しているものですが、やはりここはDanteを一度試されることをお薦めしたいです。


Re: No title

こんばんは
コメント有難うございます。

 最近、改善のつもりで行った事が、裏目に出て総て上手く行きません。現在のアクティブ3Wayを納戸に片付けて、いっそのこと、上質なパッシブ・ネットワークの2WayとLP-12で、ユッタリとLPで音楽を楽しむのも良いかなと思っています。

HAP-Z1ES

HAP-Z1ES って、大きな機械ですね…
これだけ大きければ、中に手を入れるのも可能では?
まぁ、何台も壊すわけにはいかない価格ですので慎重にですが、
私的にはラズパイで、聞き流しの音源で充分です。

Re: HAP-Z1ES

コメント有難うございます。

 一寸大きすぎるのですが、電源が色々と分かれていますので、良くなる可能性があります。
 入手して、HDDをSSDに換装してデジタルアウトをi2s(LDVS)とS/PDIFを取り付ける予定です。音質面を優先すると、実は、Raspberry Pi B と Volumio release version: 1.55の組み合わせがベストだと思います。やはりLDOのレギュレーターが効いてます。Raspberry Pi Bを今更ですが、確保しました。