ディスクリート・ヘッドホンアンプの作製

 手作りアンプの会主催のお寺大会のお題は、「ディスクリート・ヘッドホンアンプ」です。ICとかオペアンプを使う事ができないので、ハードルが高いです。安直に実現するとしたら、既存のパワーアンプのファイナル段の石(半導体)をスケールダウンして、それに見合った電源を用意すれば、シュリンク・ヘッドホンアンプの壱丁上がりなのですが、その方法では如何なものかと・・そこでヘッドホン専用のアンプを作成する事にしました。
DSC02177.jpg

ディスクリート・ヘッドホンアンプ
冬お寺2015-1
 ブリーダ電流バイアス回路をアレンジして、ダーリントン回路で利得が不足するところを補います。このブリーダ電流バイアスを使った増幅回路の特徴は、温度や電源電圧が多少変動してもコレクタ電流が、ほとんど変わらず、そのうえhEFにほとんど関係なくラフに設計できます。 RA、RBはブリーダ抵抗で、電源電圧を分圧して、ベース、エミッタ(グランド)間の電圧を安定に保つ働きをします。 Q1.Q2は擬似ダーリントン接続でゲインを稼いでいます。

実装
 ケーシングは、ハモンドのアルミ・ダイキャストケースで、塗装はシルバーのハンマ-ト-ン仕上げの物です。受動部品は、数が少ないので、一寸凝って抵抗はDAILの巻き線抵抗を使い、他は極普通のコンデンサーです。

電源
 電源は当初、秋月のスイッチングのACアダプターを使いましたが、スイッチングの高周波ノイズが盛大に乗って、ヒステリックな音がするので、手持ちのリチウムイオン二次電池(7.2V)に変更しました。結果は上々でノイズを皆無にする事ができました。
DSC02179.jpg

肝心な音
 SNRが高く、鮮度の高い音で中々良いですが、このアンプと電源に加えてプレーヤーを持ち歩くの難儀です。

 音の良さ、携帯性、仕上げ等、完成度の総てにおいて、どう逆立ちしても以下のMojoにはかないません。
MojoX.jpg


考察
 今回作製した、アンプは、お寺大会御用達で、普段使いは重くて、使い勝手が悪く有り得ないです。お遊びとしては良いですが、結果として塵を作った事になりました。それからリチウムイオン二次電池で得たヒントですが、電動アシスト自転車のバッテリー(3.6V×7個=25.2V)をオーディオシステムに応用したら、ノイズ問題から逃れられそうですね。

 

コメントの投稿

非公開コメント