コントロールアプリ MonkeyMote 4 foobar2000

 音楽を聴くのにパソコンの画面とにらめっこ、そして、マウスとキィーボードをカチカチしたくないです。音楽を聴くときは、ソファーに座って、サイドテーブルの珈琲を飲みながら、リモコンで選曲を行い、リモコンのフェーダーを操作して音量を適切に調整して、何時の間にか居眠りに・・・これが理想です。リモートからのフルコンローロールが、ネットワーク・オーディオの本来の姿だと思います。
 そこで、MonkeyMote 4 foobar2000というアプリを使いiPadから、フルコントロールfoobar2000をサーバーに見立てて、音だしをしてみました。今までノートパソコンを使い、リモート・ディスクトップで制御していた方式を更に一歩先に進めてみました。
XDSC02117.jpg

MonkeyMote 4 foobar2000
 foobar2000をリモートコントロールするアプリで、MediaMonkey用のMonkeyMoteのバリエーションの一つと言えます。
 MonkeyMort 4 foobar2000 HD iPad版は360円

セットアップ方法
 セットアップの詳細がここに記載されていて、インストーラーに従って進めば極めて簡単にセットアップが完了します。
 https://www.monkeymote.com/

使用方法
 サーバーのfoobar2000のプレーリストをインデックスとして取り込み、それを基に選曲、画面表示を制御するので、リモートコントロールのセットアップ以前に、プレーリストとして、アルバムアートとインデックスで正しく構成されて無いと、使い物なりません。
 音源は、FLAC、ALAC(Apple Lossless)で有る事が必要です。ヘッドホン・プレーヤー用のMP3でも可能ですが、WAVは、管理に一寸苦慮するでしょう。

基本画面
 まあまあ、綺麗にできています。
 音楽再生にとって必要なファンクションは総て揃っています。又、表示速度もかなり速く、充分実用に供すると思います。動作も安定していて、好印象です。
     この赤く囲まれた部分がボリューム・コントロールです
DSC02127.jpg
 
アルバムアートの作成条件
 アルバムアートは、CDジャケットが表示の前提なので、正方形が鉄則です。若しアルバムアートで異形の物があったら、写真のレタッチソフトで、正方形に加工を行う事が必要です。正方形からはみ出した部分が表示でカットされます。

他の方法との比較
 LUMIN Appと比べると派手さもないが、JRemortに比べて360円のMonkeyMote 4 foobar2000は、充分にまともで健闘していると言えます。又、高機能でありながら、バグの少ない無償のfoobar2000とプラグインと廉価なMonkeyMote 4 foobar2000を用いて、暫く音楽を楽しんでみたいと思います。

課題
 やはり、マルチチャンネルのリモコン・ボリュームは、欲しいですね。MonkeyMote 4 foobar2000にデジタル・ボリュームが有りますが、小さくて操作性が良くないです。fireface UCX UFXのリモートコントロール(長さ5m)で代替可能ですが、ケーブルが無線でしたら、理想的です。
リモコンVOL
 SPL Volume8でリモコンが使えると良いのですが・・・・
SPL.jpg
 https://spl.info/en/products/monitor-controller/volume-8/overview.html

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

foobar2000とMonkeyMoteの組み合わせ、良いですよね。音源/カバーアートへのアクセスがDLNAベースではないので操作感、レスポンスも良好だと思います。
SPL8は検討したことがあるのですが、スネークケーブルの使用がちょっとネックになりますね。

リモコン機能付きのマルチチャネルマスターボリュームを首を長くして待つ日々です、、、(笑)

Re: No title

 コメント有難うございます。

 最大のネックは、マスターボリュームですね。D-sub25のスネークケーブルは美しくないです。RMEのリモコンは有線でDINコネクタなので、簡単に延長できそうです。