Raspberry Piは2年で塵になる

 毎朝のルーティーンで、ラズベリーパイ(Raspberry Pi)以降ラズパイ、の電源を投入して、 Venice Classic Radio Italia を聴きながらお茶をするのですが、今朝は電源を投入しても音が出ません。ラズパイを見ると、何時も点滅するLEDが点きっぱなしです。早速、フラッシュメモリーのディスク イメージ ファイル (.img)を再度作り直して、再立ち上げを行いましたが、残念ながら、ブートストラップ(Bootstrap)が始まりません。ラズパイに良く有る短命の様です。

完成度の高いラズパイ用の無償MPD(Music Player Daemon)のVolumio
XVolumio.jpg

英国工業製品の出来具合
 ラズパイは英国のRaspberry Pi Foundation(財団)により開発されて、この製品の発想は素晴らしいのですが、その製造もロットにより英国なのです。いかんせん品質管理が酷すぎます。三年ほど前から5台程購入しましたが、猛暑の熱暴走、メモリースロットルの故障など、現在まともに稼動すると思われるのは、1台だけです。まあ、開発のコンセプトが「廉価にパソコンを楽しめる」のが主目的で、RAS(Reliability, Availability and Serviceability)の発想等は、毛頭も無いでしょう。
 やはり、険しい山岳が無い事により英国では、chauffeur-driven car以外の車が駄目な様に、猛暑の無い国の電気製品は温熱帯での使用は駄目ですね。この様な信頼性の低い機器を使って、介護等の人命を託す機器プロジェクト開発エイドしての利用が可能でも、そのまま実用に供することは、極めて危険な事が想定されます。特に、内部パリティーチェック機構、温度保障が無いために、処理エラーの自己判断すら出来ない構造です。 エラーのログと、その活用によりコンピュータが劇的な進化を遂げたのは、1960年代のアポロ計画の頃から始まっていますが、ラズパイのCPUの処理速度が速くても、その50年前のデザイン・フィロソフィーに達して無いのです。

DSC02068.jpg

最近の英国の工業製品
 ボーイング787型機に搭載しているロールスロイス製のエンジン部品に欠陥、それに対して米国製GE・アビエーションのエンジンは問題なし。定期路線の就航率が低いと国交省の指導が行われ、スロット(発着枠)争奪で就航率の高い航空会社を優先される事になります。
 詳細はここ 

DSC02064.jpg

結果としてラズパイは高い
 一台5,000円程度のラズパイですが、結果として、1年から2年で廃品となるとしたら、廉価とは言えません。又、パソコンを廃棄する場合、資源有効利用促進法(通称:パソコンリサイクル法)があり、レアメタル、接点の金の回収を目指してとありますが、面倒なので、生活ゴミ(可燃塵)として廃棄しました。

ネットワークプレーヤーの代替として
 ハッキリ言って現状の信頼性から長期間の利用を目指したら困難です。
 2年程度の寿命の間に楽しむのであれば有りと言えますが、落ち着いて音楽を楽しむ環境に投入するには、余りにもお粗末で、避けたほうが賢明だと思います。日本のオーディオメーカー製で普通のプレーヤーを活用した方が無難です。

結論
 Raspberry Piは所詮玩具であり2年で塵になる事を念頭に置いて活用すべきだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント