評判のJRiver Media Center 22を試してみる。

 最近と言っても、既に数年前から「JRiver Media Center」の音が良いとの評判でしたので、最新バージョンの22を導入して試してみました。当初、上代6,980円の物が、最近売れ行きが芳しくないのか、4,980円のバーゲンセールを行っています。普通はバージョンアップして高機能に変わった場合、徐々に値上げして行くのですが、JRiverの場合は値下げですね。

普通に音だし
 先ずは普通に動作させてみました。ファンクションは早い話がApple iTunes、又は、Windows Medeia Playerと同じです。操作画面は、オーディオ評論家から悪評のfoobar2000の「Default User Interface」をかなり意識して酷似しています。JRiverの唯一、他プレーヤーとの差別化として、MP3、FLAC、CD音源をアップ・サンプリングしてDSDに変換して再生する事が可能との事ですが、そこまで、Illogical な事は興味無いです。録音時点から一度もPCMに変換無しにネイティブなDSD音源の入手ができない現在では、全く意味不明の機能です。

DSD VS PCMの評価
 英国のChord Electronics社のDAC設計者のRobert Watts氏曰く、「PCMからDSDに変換すると、小信号を捨て微細な情報が失われ解像度の低いDSDになる、空間の奥行きや音離れを捨てることは無い」、PCMで十分でありPCMはDSDよりも解像感が高いと言ってます。現状では、DSDのままでは編集が出来ないので、PCMに変換して編集を施して、後に再度DSDに戻して販売しているのが現状です。DSDはリスナーからのニーズからきたものでは無く、オーディオ業界からのシーズからきたものですね。

JR.jpg

肝心な音は
 ハッキリ言って、何の変哲も無いファイル・プレーヤーと言えます。これでしたら、無料のApple iTunes、Windows Medeia Playerの方が、遥かに完成度が高いだけに優れていると言えます。

画面の構成
 機能が盛りだくさんで、田舎紳士(ミネソタ州 ミネアポリス)ですね。ハッキリ言って、画面のレイアウト、ワードのセンスが全くなっていません、それでも音が少しでも良ければ、我慢できるのですが、残念です。

ワード
 オーディオ、画像、ビデオ、ドキュメント、TV、パーフォーマーストアー、
 ポットキャスト、プレイリスト、ドライブとデバイス、サービスとプラグイン

以下のロゴは、安物のDVDプレーヤーの操作ボタンの様で如何なものかと・・・
Jrogo.jpg

カーネルストリーミングで高音質を狙う
 試しに、JRiverからカーネルストリーミングで出力して、その信号をRMEのtotalMIXでソフトウェアー・ループバックでチャンデバ機能を有するソフトに取り込みメインシステムで、再生してみました。
 以下が、その画面で、かなり複雑怪奇で、音を出すまで大いに手間が掛かり、一番嫌いなノン・ターンキーソリューション(Non-turnkey solution)と言えます。この方法は、スタビリティーが低く安定稼動しません。
samp2.jpg

そして、その音は
 サンプリング周波数と、ビット深度を192k/24bitで行い、ルビジウム・クロックでロックしましたが、音に鮮度が全く有りません。一寸聴いた印象は、「マイルド、滑らか、静か」と言った印象ですが、ハッキリ言ってメリハリが無くて、つまらない音です。恐らく、良い音に設定するには、それなりの知識が必要であり、未だその域に達して無いのが理由かと思われます。

何時もの画面
 何時も聞いているfoobar2000の画面と、RME DIGICheckの画面です。
 Columns UI機能を用いて、カスタマイズを行うと、結構使いやすくなります。
samp.jpg

今日確認した事
 今日は、アンプとDACの残留ノイズを調べるために、音量(ボリューム)を最大にして、ニアフィールドでノイズを検証してみました。結果としてノイズは皆無で安心しました。やはりフォノイコのケーブルを除いて、総ての伝送が平衡(バランス)で、総てのアンプが差動という事が効を奏していると思われます。残留ノイズについては、試聴する多くのシステムで、「シー」という微弱音がトゥーイータから出てる事が多々あり、私としてはとても気になります。加齢とともに聞こえなくなるので、一寸悲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント