ケンさん宅から、Takeさん宅への梯子のオフ会

 午前中にケンさん宅に集合して、新型の「入力I2S化のDCX2496改」のデジタルチャンデバを聴かせていただきました。午後からTakeさん宅に移動して、PCオーディオの競演を行い楽しい一日と、高い技術レベルの情報交換を行わせていただきました。
XDSC01958.jpg
6台のパソコンを持ち込み、合計7台のパソコンで再生

i2S化のDCX2496改
 全チャンネル入出力をi2S(LVDS)化して高音質をねらった改造で、全世界で唯一のDCX2496です。まあ、S/PDIF出力に改造したDCX2496は、手軽に入手できますが、入力をLDVS(hdmi)としたDCX2496は、極めて珍しく、入手もかなり困難です。又、i2S化を実現するには、SRCチップの換装等、高い知識と技術力が必要です。それにより得られた音は、今までに無いDCX2496の音で、音量を上げてもうるさく無く、素晴らしい音です。今度、LDVS(hdmi)出力のSDメモリープレーヤーで音出しを試みたいと思います。

SDメモリープレーヤー(現在ケーシング中)
SDmem.jpg

PCオーディオの特徴
 今回は、ケンさんとN氏設定のJPLAY、Takeさん設定のfoobar2000の競演を行いました。同じソフトでも、当然の事ながら、音の傾向が全く異なり、どの方式が良いか中々難しい判断です。そこで、確実に言える事は、ノイズ対策、クロックの対策が改めて大切である事を再確認しましたが、その為には、広範囲の電気、電子理論等の専門的な知識をベースとした対策が必須です。

PCオーディオの音質
 ハッキリ言える事は、PCオーディオで高音質化を望む場合、ソフトその物の違いより、それを稼動させるハードの構成と、環境に対して的確なノイズ対策とクロックの確度向上を行う方が遥かに効果的であると思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 I2S化はいいですよ。

 クリアでピント合って来ると共に、音楽の美しさがより解るようになりますね。
 まあノイズ対策も含め矢張りどこも手を抜けないです。

Re: No title

コメント有難うございます。

 オフ会有難うございました。お邪魔する度に、必ず進化していますが、今回のi2S入力は、大幅に良化したと感じました。そろそろDCX2496に移行するのも吉かなと思います。アナログのチャンデバは、アライメントが駄目なので脱PC化が、なかなか出来ない内に、あの世に行きそうです。

No title

こんばんは。

takeさんのWindowsXP/foobar2000が目から鱗の落ちるようないい音がしてましたよね。

改めて基本が大事と当方も再認識した次第です。

Re: No title

今晩は、コメント有難うございます。

 そうですね、takeさんのfoobar2000良かったです。ソフトは、信頼性と、正しく使ってもらう為に、そのドキュメンテーションが大切だと思います。その点では、foobar2000は、唯一、及第点をあげられるソフトだと思います。