ピアノ生演奏 VS ハイレゾ再生

 2016年7月30日は、虎ノ門にあるB-tech Japanで催された、SKS Lab Hi-Res Experiment #1 「ピアノ生演奏」vs「ハイレゾ再生」聞き比べ“バトル”体験試聴会 というイベントに参加してきました。

当日配布されたブローシャ
demo.jpg
詳細な内容はここ

 オーディエンスの前で、生のピアノ演奏と、それを録音したものを続けて再生して、再生音がどこまで生音に迫れるかというイベントです。
 生のオーケストラと事前に録音したものを途中で、すり替えて再生するという事は、1947年(昭和22年)にRCA研究所オルソン博士がマサチューセッツ州のタングルウッドでオルソンアンプとコアキシャルユニット・システム RCA LC1Aを12セットをオーケストラの配置に合わせて並べて、オーケストラの演奏と切り替えて再生して、オーディエンスを驚かせたという逸話があります。今回、小規模ながら これを彷彿とさせるデモが行われました。但し、オルソン博士行った方法は、楽器の配置に合わせてスピーカーを設置した方法であり、今回はリスニングポイント(ピンポイント)で補正した方式なので、理論的には誤った方式です。その為に、スイートスポットは、ピンポイントでしか存在ぜすに、身動き(顔の移動)が出来なくなる方式です。これに似たシステムで、Audyssey ARC System 2 (Advanced Room Correction)が有名です。このソフトは、7~16カ所のリスニング・ポイントの平均値を求めて補正する方式で、残念ながらこれも良い印象ではありません。いずれも自動の補正のみで、業務用機器の様にチャンネル毎の補正が出来ないので、簡便な方式と言えます。

録音と再生システム
 録音は、アースワーク(EARTHWORKS)のマイクロホン(M50)2本をピアノの前に立て、録音機材は、RME fireface UFXを用いて、パソコンに取り込みます。それを再生する機器はは、S&K社のオーディオ装置で、パソコンを使った、チャンネル・デバイダーと、自動補正ソフト、8チャンネルのicePowerアンプです。
 スピーカーは、片チャンネル4本のウエーブコア製のアルミコーン・ミッドウーファーと、SEAS製の同軸2Wayコーンス・スピーカーの構成です。
DSC01803.jpg
上:Seas Excel 5" Magnesium Cone Coax C16N001/F ×1
下:SB Acoustics SB17NAC35-4 6.5" Aluminum Cone Woofer×4

演奏曲と演奏者
 航(KOH)さんこと吉田文子さんです、演奏曲目は即興曲の様で、似通ったリズム、テンポ、メロディーで、単調で聴いているのが苦痛でした。即興という名の適当演奏です。ショパンの曲をお客さんがお願いしたところ、理由を言わず、演奏家なのに断りました。技量がバレルから嫌なのでしょう。自らのホームページで、「まぜこぜ・チャンプルー音楽 ピアノ弾き語り」と題していますが、そのとおりだと思います。
DSC01804.jpg

使用したピアノ
 ベーゼンドルファー・インペリアルです、今回の演奏曲目には、一寸、重厚過ぎるというか、ヘビーと言った感じです。個人的にはヤマハのフルコンとか、可能であるなら先進的なファツィオリ(FAZIOLI)の方が演奏した曲に合っていたと思います。ちなみにベーゼンドルファー・インペリアルの上代は2,000万円超えとの事です。
DSC01806.jpg

生の演奏に、再生音がどこまで肉薄しているか・・・
 デジタルイコライザーで補正を行っているので、音色はかなり近似といえますが、臨場感は、ほぼ近く、エネルギー感は全く異なります。言い表す適切な言葉が見つかりません。

今回の企画
 今回の様な催し物は、誤解を招くリスクがあります。オーディオという知的な楽しみを理解している方からすると、「良くここまでやった」という好印象ですが、オーディオではなく、音楽のみを嗜む方からすると、「ぜんぜん違うね」という評価になりそうです。
 比較的狭い空間で、ピアノだけでデモを行ったので、そつなくデモを成功裏に終えたと言えますが、これがもしも広い空間でオーケストラと競演をテーマとした場合は、全く別の評価になった事が想像されます。
 個人的には、チャレンジ精神と結果に対しては、大いに評価しています。

ベーゼンドルファーの鍵盤システム
 ショールームの片隅に鍵盤の駆動モデルが飾ってありました。とても複雑な動きをしますが、材料の木は想像とは異なり、水分を含んだ、結構軟らかい木材です。右の白いキィーを下げると、左のフェルトのハンマーが上にあがり、ピアノ線を叩きます。
DSC01811.jpg

後で分かった事
 後日、スタジオ407酒井さんの録音した音を聞きましたが、とても良く録音されていました。当日会場でMPPで再生したとき、低音が膨らんでダブついていましたが、録音の問題よりも、再生システムに問題が有りそうです。又、再生中に「プツ、プツ」とデジタル・ノイズが聞こえましたが、スタジオ407の録音を聴く限りでは、その様なノイズは皆無でした。
 SEASのコアキシャルスピーカーに比べて、SBアコースティックの100Hz以下の切れが悪く、特にスピーカーを並列にドライブしているので、混変調が掛かり、音程が不明瞭に聞こえました。今回の主役は、S&Kより、スタジオ407で、録音の素晴らしさが光っていました。 

コメントの投稿

非公開コメント