foobar2000を高音質で再生する方法 その2

foobar2000を高音質で再生する
 Windows Server2012 R2を止めて、Windows 7 professional 64bitの再導入を行い、foobar2000の再生環境を元に戻すことができました。 苦労してゼロベースへの復帰では、あまりにも情けないので、これを機に高音質化にチャレンジしてみました。

高音質化の目標
 今までは周波数特性、過渡特性、位相特性を気にして鮮度の高い、そして穏やかな音を目標として来ましたが、これを更に進めて静寂性と、音の艶を求めることにしました。
 本来ですと、ノイズの塊であるパソコンを排除して、総てをアナログシステムで構築する事が理想ですが、現状では優れたアナログ・チャンネル・デバイダーの入手が出来ないので、もう少しfoobar2000に拘って、妥協点を求めてシステムの調整を行ってみました。

環境設定
・ノイズ発生元のUSB、LAN、S/PDIF、HDMI等の変換機構を再生時に極力使用しない。
・音源は、パソコン内臓のSSDに格納して、事前に主記憶域にフェッチしてから再生する。
・NetBIOSを用いた、NASの利用は、ファイルのバックアップ時のみアクティブにして、そのとき以外は電源を遮断する。
・EEE(Energy Efficient Ethernet)を無効に出来るハブに入れ替える。
・LANの設定で、EEEを無効化する。

パソコンの基本設定
・ATA channel 1に接続されているBDドライブをBIOSレベルで無効化する。
・サウンド・デバイスをBIOSレベルで無効化して、RME fireface ASIOのみ接続可能とする。
・マウスとキィーボードはリモート・ディスクトップから操作する。
・シリアルポートをBIOSレベルで無効化する。

以下の様に最低必要不可欠なデバイスのみの構成です。
CPUX.jpg

Windowsの基本設定
 以下のサービスを停止して、ミュージックサーバーに徹する。
・FAX機能、プリントスプール
・NetBIOSによる通信機能
 NASの殆どが、WindowsXP以前に設計された古いファームウェアーで、NetBIOSに依存したパケットのブロードキャストを行うため、静寂性を要求されるオーディオには不向きなプロトコール(protocol) と言えます。

アプリケーション設定
 foobar2000のThread Priorityを高めに設定することにあわせて、MMCSS(Multimedia Class Scheduler Service)を活性化する。
 メモリの大半を、Full file buffering で使用可能とする。
 firefaceドライバーのMMCSSを活性化する。
 MMCSSについてはここ
  
EEEを無効化する例
 LANX.jpg
 EEE機能は、LANのリンク中にパケット・フローが無いアイドル時に、省電力とする機能です。再生する曲の間が空いた場合、省エネモードとしてスリーピング状態に遷移します。 この様な時にパケットが到来した場合に省エネモードから復帰しますが、この時アクティブになるまで遅延が生じて、タイミングに寄っては、パケットのコリュージョンが生じて、CSMACD機能によりパケットの再送が始まります。これは、音源をLAN経由で送受信する場合、音質の悪化になります。

スイッチのEEEを無効に設定
 スイッチング・ハブの種類により、EEE(Energy Efficient Ethernet)を無効にする機能があります。
 そこで、オーディオに使うハブの場合、このEEEを無効化する必要があります。オーディオでハブを使う場合は、スイッチでは無い、昔の馬鹿ハブ別名「リピータハブ」が最適です。
 以下は、EEE機能制御が可能な ヤマハ L2 スイッチ SWX2100-8G
 XSWX2100-8G.jpg

で、肝心な音は・・・
 極々普通の音になりました、もう少し聴かないと評価できませんが、今までの音とは一寸違います。今まで聴く気にならなかった廉価版のCDが、気持ちよく聴ける様になりました。1TBのSSDが三万円台となり、それを生かさない手はないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

MMCSS

こんにちは。

MMCSSという設定は浅学にして知りませんでした。レジストリの設定なんですね。

また、TLCのSSDは随分とリーズナブルになってきましたので、当方もいずれHDDから移行したいと思っていますが、利便性を考えるとやはりNASになってしまいそうです、、、

Re: MMCSS

コメントありがとうございます。

 TLCは廉価ながら寿命が気になりますので、デフラグを極力避けて、仮想メモリー無しに設定して、ページファイルによる書き込み回数を減らしています。
 SSDにすると、サーバーの立ち上げに10秒程度で、選曲画面のスクロールが高速で、快適です。