Windows Server 2012 R2の試験

ミュージックサーバー
 ミュージックサーバーをWindows7からWindows10にしたところ、酷い音に変化してしまい対策を考えていました。最近JPLAYという複雑なプレーヤーが巷で話題になっており、そのソフトの販売サイトでは、音を良くする為に、Windows Server 2012 R2をコアモードでの動作を推奨するという、エキセントリックな要件を示しています。その宣伝文句にあやかり、Windows Server 2012 R2を購入して、試しに音出しをしてみました。
W12-1.jpg
Windows Server 2012 R2 Essentials のディスクトップ上で、foobar2000、totalMIX、DigiCHECKが動作している様子

Essentials 日本語版 アカデミックの購入
 Windows Server 2012 R2 Standard 日本語版 5 CAL付がアマゾンで、実勢価格128,800円と音楽再生専用のサーバーとして、一寸高額なので、機能限定版のEssentials 日本語版 アカデミック版を、次男の大学生協価格、45,000円で購入してもらいました。Essentials版にはコアモードが無いのですが、取り敢えずGUIモードで試してから、次のステップで考えたいと思います。

プラットフォームの導入
 導入は極めて簡単で、Windows7からWindows10のアップグレードの方が、遥かに複雑です。ものの45分程度の導入作業で終わりました。

肝心な音
 キッパリ言って、「全く駄目です」Windows10より更に悪化しています。
 音が高いほうに力点が移り、滑らかで艶の有る音が失せてしまいました。ヒステリックな音で、ノイジーです。試しに、サウンド処理に無関係なサービスを停止しましたが、結果は変りません。ホーカスが鋭くなったといより、金網越しに音を聴いている様です。ラズベリーパイに volumio というLinuxベースのMPDを乗せた時の方が、遥かに音が良いです。

今後の問題
 二三週間、サービスの停止等の調整を実施して、解決策が見出せない場合は、Windows7 に戻したいと思います。
 Windows Server 2012 R2には、コンシュマー様のWindows10と比べて膨大なサービスが有ります。最近のWindows Server は、NTとか2000の頃と比べて、導入後に直ぐに使える様に特殊なサービスを除いて、多くのサービスが事前にアクティベートされています。その中には、タイム・イニシエートで動作するソフト等、音質面で好ましく無く、ましてサービスの機能を知らず、放置して使い続けるののも気になります。既にプリント・スプール、シリアル・ポート、サウンド関連は停止しているのですが・・・・
 しかし、プラットフォームの違いにより音(ノイズ)が、こんなに異なるとは思いませんでした。
 このヒリヒリした、日焼けした様な音は何でしょう?

後で解った事
 Synthax Japanのサイトを見ました。
 RME fireface をサポートしているプラットフォームは以下のとおりで、Windows Server 2012 R2 は対象外でした。
 なんてドアホな事をしてしまったのだろう、そう言えば、Windws10の音に関する評価は酷評が多いですね。
 周波数特性よりも、位相特性が変です、周波数により位相が大きく変化して、各帯域が繋がらず、アライメントが凄く変です。恐らく、DPC レイテンシーのハンドリングが正しく調整されて無いと思われます。まあ~サポートされてない組み合わせなので、諦めるしかない様です。

  リビジョン:1.091
  更新日: 2016年4月13日
  対応OS:Windows XP/Vista/7/8/10、32/64 Bit

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 あれ、Essentials版は駄目でしたか。何でしょうね。こちらもまだGUIモードで使用していますが、それほど変だとは思いません。
 ただし、ほかの所でも高域ににエコーが付いたり、エンファシスがかかったような音になるという報告もあるので他のものとの相性なのかもしれませんね。
 今度サーバーを持ち込んで聞き比べてみますか?

Re: No title

 色々と試していますが、プラットフォームの違いより、どうやら音源をローカルディクスからNASに移行して、LANのユーティライゼーションが 上昇したことににより、ノイズまみれになったのが原因の様です。やはり、音源は、ローカルディクスか、インコアーの方が良いようです。これから対策を考えます。