Soekris dam1021 のビルドその5

 Soekris dam1021 DACの製作もそろそろ最終にして、ケーシングを行い次のアンプ作製プロジェクトに移りたいと思います。その前に、汎用性を高める為に、USBのDAIを設けることと、ディップタイマーによるアナログ信号出力の遅延を行う必要があります。

USBインターフェース
 USBのDAIとして、イタリア製のamamero combo384を入手して、dam1021のi2sに接続する方法がありますが、ノイズ対策を優先すると、DACと同じ筐体に、DAIを入れるのは、如何なものかと思います。
 amamero combo384には、ザイリンクス(XILINX)のFPGAとATMELのRISCチップが搭載され96mHzのスピードで動作して、盛大なノイズを撒き散らしています。MEC製(中国)の廉価なTCXO発振器がついており、見るからに取付ける前から音の悪さが想像できます。現在、hdmi(LVDS)のインターフェースが既に有るので、USB2hdmi(LVDS)の変換Boxを作り、パソコンを音源とした時のみ使用する方が、良い様な気がします。若しamamero combo384をDACと同じ筐体に入れる場合、amamero combo384自体を、肉厚のケーシングが必要かと思います。ケーブルからのノイズを気にされる方が多いですが、チップとその周辺のノイズはケーブル以上に大きいと思います。必要最小限の構成がベストかと思います。 
DSC01694.jpg
 この基板は上代12,600円ですが、中華製で電源強化版が3,000円弱、そっくりさんのパチモンは2,000円程度で売られていますが、今回は安全をみて、正規品を入手しました。まあ正規品でもラズベリーパイが5,000円で入手出来る現状で、部品の品質からして、3,000円でも高いとはおもいますが・・・

USBの取り付け穴
 USBの取り付ける穴は、B型なので10mm四方の穴を空ければ良いのですが、信頼性が低く美しくありません。又、hdmiの取り付け穴空けは、美麗さに拘ると、素人には空けるのが困難なので、USB同様に、ノイトリックのコネクタを用います。
ノイトリック
 左がUSB用(Aのコネクタが見えますが、AとBがリバーシブルです)、右がHDMIコネクタで、特に斜めの加工が必要で、自分で穴あけをすると、高い確率で失敗します。

ディップタイマー
 DACの電源を入れる順番を誤ると、DCオフセットが出て、DCアンプの場合、スピーカー(トゥーイータ等)をとばす危険性が有ります。基本的にはオーディオ機器の出力は、電源の投入時は、遅延処理を行い、次に繋がる機器の保護を行うのが、マナーというか、当然の事ですので、何より保護回路の組み込みが最優先と考えます。
 今回遅延させる回路は、バッファー出力のバランスと、RAW出力のSE回路、合計六接点の遅延が必要です。
 NE555等を用いて、タイマーを作る事は可能ですが、リレーのチャタリングの防止等を考えると、完成品の方が硬いので、オムロン製のディップタイマー(H3FA-B)とG6S2を入手して組み込むこととしました。
DSC01697.jpg
左がオムロン製ディップタイマー、右がオムロン製5V2回路の汎用リレーです。

 来週末から梅雨に入りますので、室内でのんびりと工作を勤しむ予定です。

コメントの投稿

非公開コメント