三台目の無帰還アンプ作製 その2

三台目の無帰還アンプ作製中間報告

chibi.jpg

 三台目の無帰還アンプを昨年12月に着手して、ようやく形になりました。
 このアンプは、無帰還アンプでありながら、歪率(THD):0.004%、ダンピングファクター:196(6Ω)、周波数特性:170kHz(-3dB)と驚異的な性能です。このアンプの設計は、手作りアンプの会メンバーK氏、I氏、O氏のコラボレーションで、PCBのアートワークは、I氏が行ったものです。
 受動部品と半導体の基板への取付が完了して、この先はケーシングとパワートランジスタの取付け、そして調整です。

作製した感想
 このアンプはディスクリート部品で構成されてながら、凄く細かいです。
 半導体の数が異常に多く(メガ盛り)で、部品を基板に取付ける付ける順番を誤ると、途中で作製不能となります。電子回路立体テトリス状態です。
 基本は、背の低い部品から高い部品、小さな部品から大きく重い部品の順序で取付けます。部品の取り付け間違えは、後で修正が不可能な一発勝負です。
 しかしPCBの出来が良く、部品の番号が左上から右下に順番に並んでいます。そして、部品の大きさと寸分違わずホール位置が合っていて、ストレスが溜まりません。当然と言えば当然なのですが・・・・
DSC01381.jpg
 この状態は、IBMの汎用機システム360の創世記に作られた初期の集積回路技術であるSLT(Solid Logic Technology)よりこのアンプの方が集積度は高いと思えます。
 IBM Solid Logic Technologyの資料はここ 
 このSLTに用いたセラミック・ベースが京都セラミックの威信にかけて当時、稲盛会長の指揮の下に開発したもので、現在の京セラのルーツと言える品です。
 トランジスタの数が多くて、その下に有る、抵抗、ダイオードが見えません。

回路図
 回路図の開示は、設計者の了解を頂いてから、別途行います。
 既に、トランジスター技術の書籍案内資料で開示されているオリジナルの回路図の掲載が有りますが、このアンプの回路はその発展型です。
 書籍案内資料

今後の予定
 部品の取り付けが正しいか、充分注意してから、組み立て調整を行いますが、エリミネータの電圧を17Vとして安定稼動を目指します。そして、3wayの中域に投入する予定です。
 実装に誤りがあると、一発でトランジスタが飛ぶので、クリティカル・パスを確認しながら、進めたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 例の基板ですとオーバーパワーで過電流が流れるので電源には電流制限を掛けるのが吉です。
 まあ普通に使う分には問題ないと思いますがテスト時には注意してください。

Re: No title

コメント有難うございます。

 CVCC電源を所有して無いので、ミスを可能な限りチェックしてから火をいれます。操作ミスでお釈迦になるのであれば、電源に電流制限を設ける必要が有りそうですね。