大正時代のレコード

SPレコードを納戸から出して、手回し式のプレーヤーで再生してみました。
 このレコードは、祖父與八郎が米国の建国150年記念の博覧会に訪れた時のお土産で20枚程あります。製造は1920年頃ですから、大正末期に制作さた物です。ラベルには、Victor Talking Machine CO.Camden N.J.と印刷され、電気による増幅の録音を示すVE( Victor electrical recording)のマークが無い古いものです。
XOLD_SP.jpg
スキャナーの読み取りピクセルが不適切なためにモアレが生じています。

 米国の建国150年記念の博覧会は、戦前の1926年6月にフィラデルフィアで催されて、博覧会には日本館として、祖父の経営する工務店が、極めて短期間に五重塔を建設したと記録があります。併設された日本館(パビリオン)には、ミキモト真珠島の御木本幸吉さんが、イルミネーションとして使われる電球の代わりに真珠をつけた小型の五重塔を出品して、後、戦前の外貨獲得に大変貢献したとの事です。

 当時の情報は、以下に
ミキモト真珠島 館長のページ 44.「自由の鐘」は70歳

 その時のお土産として持ち帰った物がこのレコードで、録音されている曲は、当時極めて珍しいフォックストロット(Fox Trot)で、本邦初めての再生で、早稲田大学の大隅講堂で学生の前で再生したとの事です。レコードの中には、ハロルド・クレイトン・ロイド・シニア(Harold Clayton Lloyd, Sr., 1893年4月20日 - 1971年3月8日)の肉声の物もあります。

米国の建国150年記念の博覧会の入場券
DSC01249.jpg

 写真の左にあるピンバッチが、入場券を兼ねたノベルティーです。 
 下にぶら下がっている鐘は、アメリカの象徴「自由の鐘」 (フィラデルフィアの割れ鐘)で、バッジには52nd Imperial - COUNCIL SESSION PHILADELPHIA.PA. - JUNE 1926と記されています。
 右下の記念章(勲章)は、五重塔建設を労われて国から頂いた物の様です。

肝心な音
 現在のオーディオと比較する事自体全くの無意味です。
 盛大なスクラッチのノイズに消されて聴けないと覚悟していましたが、あに図らんや、とても聴き易く美しい音です。
 当時としては、最高の録音・再生技術であったと思われます。当然の事ながら一発取りで、演奏者のパッションが感じられる素晴らしい演奏です。当時のレコードの録音は,Western Electric社の電気式によるカティングではなく、テパー状の筒の中に音を送り込むアコースティック録音方法でカティングしていましたので、録音の音圧が極めて低く、スクラッチノイズの影に隠れて、良く聞こえません。当時、米国と日本では、技術面では大分差が有りましたが、どちらも、それなりに素晴らしい演奏とえいます。大切な事は、音の良し悪しより、録音と演奏の良し悪しですね。
 

コメントの投稿

非公開コメント