Soekris dam1021 のビルドその2

Soekris dam1021 の音出し
 一寸苦労しましたが、無事に音が出せました。
 完成基板なので、容易に音出しが出来ると高を括っていましたが、
思わぬ落とし穴にはまり、結線ミスに気づくまで、三日程費やしました。

製作上での考慮点
 今回は、電源トランスと本体PCBを可能な限り隔離することと、電源の低ノイズ化と安定化を可能な限り施しました。結果、素人用オシロで測定不能な程の低ノイズ電源ができましたが、電源の占めるスペースが本体PCBより広大になってしまいました。
DAM1021.jpg

肝心な音
 高級なオペアンプ(LME49724)を出力のバッファーに使って平衡と不平衡の出力を可能としていますが、それを通す前のRAW出力が可能です。
 バッファーを通す前のRAW出力は、SEで1.4Vと低めです、それと比べて、バッファー出力は、低インピーダンスで2.0V(平衡4.0V)を有します。
 RAW出力は、当然ながら極めて鮮度が高く、今後一週間程の稼動で良化する事が期待できます。それと比較して、バッファー出力は力強い音がしますが、一寸煩く感じます、これも今後良化する可能性を秘めています。
DSC01214.jpg

Soekris dam1021のフリンジ商品
 dam1021DACの操作性向上を優先して、音を悪くするサードパーティーのフリンジ商品が発売されています。
 Input, switch and output muting modulesはここ
 https://drive.google.com/file/d/0B5yzwtQVo5opRFhpNURQdERnRnM/view
 入力セレクター、ポテンションメータ、S/PDIFレシーバーのセットに加えて Raspberry Pi による制御が可能です。
 これでは、ノイズの塊であるスイッチング電源を多用したRaspberry Piを使い、マルチビットDACのメリットを無くす駄目なセットと言えます。
 
このDACのお勧め度
 ハッキリ言って、このDACはコアな商品で、入手から稼動まで大変な労力と根性を要します。今後の可能性は未知数ですので、得られたメリットと比較して、手放しでお勧めできません。入手して、二電源を繋ぐのみでは、良い音が得られませんので、個人的にはお勧めしかねます。ES9018Sを用いたDACの入手をお勧めします。

今後の予定
 今回は、一番音の悪いと思われるS/PDIF接続での試聴すが、明日からは、i2s、LVDS(HDMI)接続の試験を行う予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ようやくできましたね。聞かせてもらうのが楽しみです。

 台は木製ですか?ということは今回はまだバラック仕様かな。

Re: No title

コメント有難うございます。

 何時もケーシングを先に行い、改造、改善が出来ずの一発勝負でしたが、これから、落ち着いた所で、アルミ合金パネルで完成させる予定です。
 マルチビットDACの予備が無く、破損が許されないので、気を使いました。
 オフ会での鳴き合わせが楽しみです。