Soekris dam1021 のビルドその1

Soekris dam1021 のビルド

 このDACの設計者である Soren Kristensen の製作記事を見ると、パワーラインのコンデンサーを増量した方が、フィルター効果が改善されて特性上好ましいと記載されています。音出しを行ってない現時点での容量追加は、可逆性を優先した改善を行う必要があるので、各機能別の電圧チェック端子にコンデンサーを追加する方法で行う事としました。
DSC01156.jpg

 電圧チェック端子には、デジタル+1.2V、+3.3V、+-5V、アナログ+-12V の6電源が、アナログの電源から、DCDCコンバーターで各電圧を作り上げられています。この方法は、このDACで唯一気に入らない部分です。表面実装されている電解コンデンサーも大した物で無い事が解っているので、写真の様に大容量の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを追加する事にしました。
VOL.jpg

製作の進み具合
 主電源の準備ができたので、部品の取り付けと、i2s入力の準備を始めました。今回もバラックで組み立てる事としました。

DSC01163.jpg
左から、入力:LVDS(i2s)、S/PDIF、
出力(R/L):R-2R Direct SE、Buffered balanced(XLS)、ヒューズ、電源
 
i2s入力
 LVDS(i2s)入力と、TTLレベルの入力を切り替えて使える様に工夫しました、又、LVDS用に3.3Vのアイソレートされた安定化電源を設けました(黄色い基板)。

今後の予定
 当初、簡単に組み上げられると思ってましたが、手持ちの部品の準備、金属加工等、結構てこずりました。
 この先は、インターコネクト中心の加工で、今月末には当初目標の組み立てが終わる予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 頑張ってますね。出来たら鳴き合わせをしましょう。

Re: No title

コメント 有難うございます。

 もう一寸で音出しが出来ます。

 今回は、丁寧に分部毎に動作確認を行いながら作製しています。
 音が出ましたら、宜しくお願いします。