Soekris dam1021 Sign Magnitude R-2R DACの入手

 ケンさんにマルチビットのDAC基板の存在を教えていただきまして、Soekris dam1021 Sign Magnitude R-2R DAC(0.02% resistor version)を早速入手しました。入手先は、米国のSoekris Engineering, Inc.から直販で入手しました。Soekris Engineering, Inc.はカリフォルニア州 Scotts Valleyにあり、FedEx International Economyで5日程で入手できました。
 R-2R network型式のDACの場合、そのラダー抵抗の相対精度により分解能が異なり音質に直に反映します。製品として、0.01%、0.02%、0.05%の三種類がありますが、Price/Accuracy から、バランスの良い0.02%を入手する事としました。

DSC01022.jpg

 R–2R resistor ladder networkですので、基板上に相対誤差0.02%のチップ抵抗がビッシリ並んでおり、青大将(Elaphe climacophora)の鱗の様です。24ビットですが、そこまで分解能を有すほど精度が確保されているか気になるところです。ラダー抵抗の誤差が0.02%だと13bit~14bitの精度が限界かと思われます。
478C6226.jpg

 マルチビットDACは、テキサス(BURR-BROWNブランド)のPCM1704が有名で、製造の歩留まりが悪く、今でも6,000円ほどの価格で入手可能です。これとは別に現在でもマルチビットDACを主力商品としているMSB Technology Corporation(1986年創立)が有ります。 「何時かはクラウン」ではなく、「何時かはマルチビットDAC」の音が聴きたくて、入手に至りました。 MSBのDACと同じとは思いませんが、少しでも同じ方向の音が出せれば幸せです。

MSBのDAC
http://www.msbtech.com/

機能概要
 基本機能としてR-2R (加算型)DAC機能をサポートするフリンジの機能が盛り沢山です。詳細は追って少しずつ理解しながらハンズオンするとして、概要は以下のとおりです。ハイライトは、R-2RDAC他に、シリアルインターフェース(RS-232C)とWindows Tera Term を用いて、ファームウェアーの更新が出来て、DSD、FIR(カスケード状のデジタルフィルター)、マスタークロックの出力等が出来きます。
 この基板を3セット入手して、FIRのフィルターでi2s入力のチャンネル・デバイダーを構成する事が可能ですね。

初期機能
The initial release (“v1) of the firmware together enables the following features:
 1. I2S input up to 384KHz sample rate (tested to 192KHz)
 2. SPDIF input up to 192KHz (tested to 96KHz)
 3. Automatic De-emphasis for 44.1KHz material
 4. Built-in set of simple FIR filters for all sample rates
 5. Digital volume control through simple potentiometer
 6. Automatic input selection
 7. Data reclocking: s/w PLL with 0.02 Hz low pass filter
 8. S/W interface (serial interface) allows:
  1. Volume control (e.g. with Arduino and RS232 interface)
  2. Input selection (e.g. with Arduino and RS232 interface)
  3. Loadable FIR filters including bypass filter for NOS support.
  4. Firmware update/upgrade

ファームのアップで実現する機能
 1. DSD support
 2. Filter cascading for digital crossover
 3. Filter cascading for balanced use
 4. Master clock output
 5. 4 FIR1 filters for each sample rate selectable through
     the serial port with a default selection (#2)
  o Linear Phase
  o Medium, optimized mix between Linear Phase and
    Minimum Phase
  o Soft, mostly Minimum Phase but not that good alias rejection
  o No filter, also called non oversampling, no alias rejection
 6. Improved response for FIR2 filter which will be modified to be
    pretty soft….
 7. Enabled TTL-level serial port on the isolated side (3.3v)

マルチビットとシングルビットの音
 ・ マルチビットDAC :力強い、重厚、芯がしっかりしている、鮮やか
 ・ シングルビットDAC:繊細、さわやか、エコーが不自然、一部の音が欠落

今後の計画
 先ずは、R-2RのDACとしてトラポとi2s(Non LVDS)で音出しを行い、ケーシングを行います。
 次のステップはファームウェアーを更新して、DSDの機能を実現する予定です。
 しかし、DSDを聴いて良い印象が無く、96kHz/24bitの方が好感触を得ています。
 さて、どうしたものか・・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 このDACのラダーは実は28bit分あります。演算は32bitでしょうから、VRを絞ったときのビット落ちを防ぐ意味あいがあると思います。
 不思議に音量を絞ってもダイナミックレンジはそれほど落ちないので実質のレンジは20bit近くあるかもしれません。

Re: No title

コメント有難うございます。

 デジタルボリュームで-72dBの減衰とヘッドマージンを確保する為に内部処理では28bitなのですね。ボリュームを使うと音質が悪化しそうなのでボリュームは使わない予定です。