RME firefaceの電源改善

 RME firefaceの電源改善を試みました。

 firefaceというオーディオ・インターフェースの電源がスイッチング電源で、EMIノイズが電源から本体に漏れて、悪影響を与えてないか、導入当初から気になっていました。何度かレガシーなトランス式の電源に交換しては、音を確かめてきましたが、何らかの問題が生じて、オリジナルのスイッチング電源に戻してきました。
DSC00937.jpg
 その中でもヤマハ製のPA-6という楽器用の電源が良い旨の情報をWebから得て、入手しました。しかし無残にも電力の復帰速度が遅く、ピーク時にデジタルノイズが頻発する事が解りました。
 オリジナルのスイッチング電源の容量は12V/24VAで、これと同等の容量と速度をレガシーなトランス式で求めると、最低でも120VA程の容量の電源を必要とします。この容量の電源を作るとなったら一寸大変なので、先ずはスイッチング電源でのEMIノイズ対策を真剣に行うことにしました。

 以下の様にスイッチング電源ケーブルの両端にフェライト・コーアのフィルターを取付けました。ケーブルを通す回数はワンターンで十分だと思いますが、ケーブルが余っているので、適当に回数を重ねました。
DSC00931.jpg

 その先に、日立金属製のファインメット・ビーズと、多孔(6穴)フェライトをシリーズにして、アダプター化して取付けてみました。
DSC00932.jpg

肝心な音の違い
 SNRが良化したと言いたいのですが、正直言って良く解りません。希望的観測を言えば、長期間に渡り使用して、外した時に違いが解る様な気がします。

オシロスコープでの観測
 ファンクション・ジェネレータで1,000Hzの正弦波を観測してみました。明らかに、何も対策しない状態と比べて、髭の様なノイズが減少していることが解ります。
 ノイズが減少して音が良くなっていると思いたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ノイズフィルター

おやっ!?  grigriさんも、、、

grigriさんが製作すると随分とスマートなものになりますね。

電源ノイズ対策として効果があると思いますが、音への影響度は構成や環境にも依存しそうですね。当方のように電源環境が悪い集合住宅では改善度合が大きいのかもしれません。

Re: ノイズフィルター

こめんと有難うございます。

 ノイズ対策はやってみないと解りませんね
 実は、昨年末に無帰還アンプを作り、ノイズに嫌と言うほど悩まされてトラウマ状態なのです。
 ノイズ対策は一つの学問になるほど高度で、経験を必要とします。
 デジタルだから音が云々と言われる方がいますが、その殆どがノイズが起因していると思います。