minnさん宅にお邪魔しました(ウーファーの更新とFPS)

minnさん宅にお邪魔しました
 昨年の9月から半年ぶりです。ウーファーを評判の高いAudioTechnorogyの10C77_2510KAPに新調されてたとの事で、大いに期待してお邪魔しました。
mejiro.jpg

 以前のウーファーはATCの25mmを使われていましたが、歪特性を改善する為にAudioTechnorogyに交換されたとの事です。
 再生システムは、小さな改良を行っているものの、基本的にはRME fireface UCXを基本とした、foobar2000のデジチャン・コンポーネンツで、AMT1(元祖ハイルドライバ)をトゥーイータにミッドにはFPS2030M3P1Rを使われて、ダイポール型の音場を狙った仕組みです。
DSC00859.jpg
 実は、foobar2000のチャンデバのコンポーネンツはminnさんが作られたものであり、凄いノウハウをお持ちの方です。

 又、前回からの改善点として、ウーファーを横置きにして、ミッド、ハイの中間がリスニングポイントの高さに合致する様に工夫されています。

聴かせて頂いた感じ
 前回フラットパネル・スピーカーを導入されてから3日位でしたが、今回は成熟度が上がり、ハイとミッドの繋がりが極めて自然で、聴きやすいです。
DSC00856.jpg
 それにあわせて、ウーファーのAudioTechnorogyの低音が素晴らしく、低歪で低音が静かです、そして力強く上品で最高です。
 その筈、キャビネットは板厚24mmの積層バーチ材を二枚重ねして組まれたとの事で、全く箱鳴りがしません。
 firefaceの電源をスイッチング方式から、レガシーなトランス式(フィデリックス)に交換した事等の改善の積み重ねが効いてきていると思われます。

 minnさん宅を聴かせていただいて、自宅のシステムの音を聴くと、必ずガッカリするので、昨日から音出しをしていません。
 自宅のシステムもminnさん宅と同じでDA変換が一回ですが、なかなか同じ様な音は出ません。これから、クロスオーバーの遮蔽特性を調整して、一寸でも近づければと、無い知恵を絞ってみます。
 今回もケンさん、Takeさんとご一緒させていただきましたが、確かなオーディオの感性とノウハウをお持ちで、何時も勉強になります。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

おはようございます。

ATの強力なウーファとFPSによる3way良さそうですね。当方も4wayがほぼ纏まった状態になりましたので、3wayにしたりして遊んでます。

minnさん宅のこの3wayはどのようなクロスオーバー/スロープに設定されいるのかとても興味があります。もしご存知でしたら(また差し支えなければ)ご教授いただければ幸甚です。


Re: おはようございます!

ゴンザエモンさん コメント有難うございます。

 クロスオーバー周波数は、以下の様です、スロープのカーブ
は、すみません失念しました。FIRのデジタルフィルターで
少なめのtap数でしたので、96dB/Oct.前後だと思います。

低域/中域 : 240Hz
中域/高域 : 960Hz

 ウーファーは密閉箱で、リンクウィッツトランスフォームを用い
fo:47Hz、Qo:0.54のところをfo:30Hz、Qo:0.54に再定義されています。

ご回答ありがとうございました。

おはようございます。

Heil AMT1は聴いたことがないのですが、随分と低いところから使えるユニットなんですね。

機会があれば同じFPS仲間としてこの3wayシステム拝聴させていただきたいものです。