2Wayの完成度を高める

 無帰還アンプ作製は、一セット未完成のまま年を越しそうです。
 久し振りにメイン・システムの調整を行いました。
 今回の調整の趣旨は、2Wayとして完成度を高めて、3Wayに遜色無く、時には3Wayを凌駕する2Wayを目標とします。
 あまり大げさなオーディオシステムは、好みでは無く、小癪な程に粋で、趣味の良いオーディオが好きです。しかし、目標は未だ達成していません。
 そこで、今回の調整は、主張が強すぎる3WayミッドのATC SM75に長期休暇を与えて、近代的なウーファーとトゥーイータの2Wayで最適化を行いました。

1.スピーカー素の特性
  白:周波数特性 緑:群遅延特性
org.jpg
 軸上0.7mでの周波数特性と群遅延特性です。
 クロスオーバーは2,000Hzで、遮蔽スロープは96dB/OCT.バターワース(Butterworth)です。

2.スピーカー単体の補正
  白:周波数特性 緑:群遅延特性
spC.jpg
 先ずは軸上0.7mでの周波数特性のフラットネス化と群遅延補正を行いました。部屋の什器配置が非対称の為に左右別々に最適化をしています。そこそこフラットな特性で良いと思います。測定マイクの性能が悪いので20kHzを上限として表示されていますが、40kHzまで出ている筈です。

3.リスニング・エリアでの測定
  白:周波数特性 緑:群遅延特性
Lisposi.jpg
 スピーカーから5m程離れた場所がリスニング・エリアです。
 ここでは、部屋の特性、家具等の反射で結構凹凸があります。

4.リスニング・エリアでの最適化
  白:周波数特性 緑:群遅延特性
LPC.jpg
 リスニング・エリアでもかなりフラットな特性が得られました。
 リスニング・ポイントで尖がった最適化を行うと、それ以外のエリアでの音がトレード・オフで悪くなります。
 常にリスニング・ポイントで、頭を固定して額に皺を寄せて聴くか、部屋で寛ぎながら適当なエリアで聴くかにより、何処まで最適化するかの選択が必要です。

肝心な音
 普段リラックスして音楽を楽しむには、「2.スピーカー単体の補正」で十分かと思います。確かに「4.リスニング・エリアでの最適化」を行うと、一寸聴いた感じでは良く聞えますが、限りなくヘッドフォンの音に近づき、リラックスして聞くことが出来ません。情緒不安定になり、はっきり言って心臓に良くありません。
 それから、一点気が付きましたが、特性の良い(素直)なスピーカーは最適化が至って簡単であり要する時間が短くて済む事です。
 2Wayとしての音は想定以上に静かです。ATC SM75をスコーカーとした3Wayより静かで上品な音です。反面、押出しが無く少々物足りなさを感じます。ATC SM75の初出荷が1976年とすると、最新のベリリウムトゥーイータ、ウーファーと約40年近くの開きがある為、音の一貫性からすると、2Way(除くATC SM75)の方が自然な組み合わせかも知れません。

今後の課題
 製作途上の最新技術を生かした回路設計の無帰還アンプを完成させて高域に投入します。 又、クロスオーバーと遮蔽特性をアレンジして更に高みを目指したいと思います。
 クロスオーバー数が少なく低歪で洒落た2Wayソリューションを目標とします。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 調整うまくいっていますね。

 個々のユニットのフィルター後の特性とバスレフポートの特性も見ておくと参考になるかと思います。私はその辺で思わぬ発見がありました。

Re: No title

 コメント有難うございます。

 始めに2wayで調整して、凄く難しかったですが、3Wayで慣れてから2wayに戻ると、色々経験が生かされて新たな発見が有りますね。
 現在は、2wayながら音域の広い上品なフルレンジの様な音になりました。
 現在遮蔽特性が急峻ですが、先ずは12dB/OCT.を目指してみます。

No title

こんばんは。

2ウェイの結果が良好だったこと、また『』スピーカー単体の補正』の聴感が良好だったのは興味深く、また私のようなパッシブ派には心強い結果です。

Re: No title

コメント有難うございます。

 今回は3Wayから2Wayにしましたが、ダウングレードしたとは思っていません。音質はかなり気に入ってます。
 タイムアライメントの解決が出来れば、パッシブ・ネットワークへの再チャレンジを行いたいです。