三台目の無帰還アンプを作るぜー、俺ってワイルドだろ~?

いや単に阿保なだけです。

無帰還アンプ三台
 凄い製作速度です、今年の九月から無帰還アンプ(当然の事ながらディスクリート)を作り始めて、11月末で三台目の作製に入りました。
 今年のお寺大会のテーマが、「半導体無帰還アンプ大会」の為、満足出来る一台が出来るまで作り続けています。
 最初は、ヒーターの様に熱くなるディスクリート・アンプを作ってお寺大会に持ち込みたいと思っていました。
 一作目は、触れない程熱いアンプを作ることが出来て、当初の目的は達成できました。しかし、アンプとしては、カップラーメンが作れる程熱いのに、未熟で出力が0.2Wしか得られず、製作後三日で没にしました。二作目は会の無帰還アンプ・プロジェクトのアンプです。さすがによく出来ていて、美しい音が出るのですが、部品の数が多い為か疲労感と未達成感が残りました。
 そこで三作目を作って今年のアンプ作製は終わりにしたいと思っています。
 しかし、今からでは、年末に間に合わない可能性があります。

三代目のアンプ
 手作りアンプ会員K氏の回路設計をI氏が基板を起こしてくれたものです。
 第169回の関東三土会(2015年7月25日)に発表されました無帰還アンプの全段BTLの回路構成の最新版です。
 無帰還アンプながら、歪率0.01%@1kHzと言う事で、音の抜けが良く、三土会で聴いた印象では、今までの無帰還アンプの音とは、一寸違います。
 回路構成はCMOSオペアンプの現代的アーキテクチャとスーパーエミッタフォロアを合体した構造とのことです。
 通常の差動アンプよりも一桁以上歪が低く出来ており、難しい差動アンプの低歪の実現はLTspiceという回路シミュレータの存在が、可能ならしめたとの事です。無帰還アンプの回路をお見せしたいのですが、著作権等、版権の関係で開示できませんが、一寸見た様子では、レガシーなアンプ構成ではなく、オペアンプの様な回路を成しています。

478C6219.jpg

集めた部品
 基板、半導体、トロイダルトランス(15V/60VA二電源)が揃い、後はCRとシャーシを用意すれば製作開始可能です。
 トランス(写真上部の黒い塊)は、大阪某有名通販店の物で、トロイダルでありながら漏れ磁束が多い為、使用を躊躇しています。

 アレー!アレー! 無帰還アンプ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 このアンプは会の無帰還とはまた違った音で楽しめますよ。
 構成的には同様にスピーカ端子DC検出回路や遅延回路、スピーカ遮断回路も入っているので使いやすいです。

電源投入前に

MOSFETが出力段ですので、強力な電源をつなぐとペア取りしたFETが一瞬にして昇天します。
必ず、CVCC実験用の安定化電源で動作確認をしてください。
もし、用意できないようならば 、当方へ持ち込んでください。

Re: No title

 コメント有難うございます。
 一寸難しそうですが、落ち着いて作製します。
 音は、確かに今までのアンプとはちがいますね、楽しみです。
 

Re: 電源投入前に

コメント有難うございます。

 まともな実験用電源を持っていませんので、実装しましたら電源を投入する前にお持ちします。
 その時は、宜しくお願い致します。