3Wayから2Wayにチャレンジ その12 調整

自宅のメインシステムの調整を行いました。
 
 スピーカーからの一次反射の調整にOmniMICのWaveletの有用性について、ケンさんのホームページを拝見して知ることが出来ました。
 自宅の場合は、自由度が無いものの、左側は遮光カーテン、右側はソファーが有り、適度な反射のコントロールが実現していますが、フロアーに関しては、家族の好みからセンターラグを置く事が出来ませんでした。その為にフロアーからの一次反射は、諦めていて対策を怠っていました。
 今回は、フロアーからの一時反射を、OmniMICのWaveletとセンターラグでコントロールして、その有用性について検証しました。

未対策持のWavelet
 軸上1m
 2mmSec.に反射によるゴーストが表示されています。
N20151007.jpg

センターラグと遮光カーテンによる対策後
 軸上1m
 2mmSec.の反射は、ほぼ消すことができました。
 又、床と天井の間で生ずる100Hzの定在波による音圧のムラも減少しました。
E20151007-1.jpg

最新の特性
 ベントを塞いで、密閉化した場合の周波数特性(紺)と位相特性(緑)
 音圧、位相共に穏やかです。
 軸上1m
spl20151006.jpg
 歪の特性も密閉にして大分改善されました。
 軸上1m
dis20151006.jpg

肝心な音の変化
 バスレフから密閉にする事により、すっきりした音に変化した事に加えて、センターラグによる一次反射がコントロールされて、より静かです。
 一寸物足りない感じがしますが、低歪で聴き易く、ゲインを上げた事を忘れてしまい、室内の置物の共振で、慌ててボリュームを下げる事が多くなりました。
 天井と床の反射は、家族の同意が得られないので、雲を吊るす事は出来ませんが、振動に関しては、家を建てた時に天裏の吸音材を普通の三倍の量(厚さ)にしたので、それなりの効果は得られていると期待していますが、検証方法が解りません。

478C6187.jpg

3Wayから2Wayにチャレンジ
 今回の調整を行っても、まだまだ、3Wayの方が音が良いです、2Wayで満足する音出しの道程は長いです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Waveletは反射の具合が見やすく、周波数分布も見られるので便利ですね。
 低域の歪も密閉で30Hz90dBで0.5%ぐらいですから、このレベルが出るなら密閉で充分かと。この測定も1mですか?

Re: No title

コメント有難うございます。
OmniMicは、何時でも簡単に計れて、絶対音圧が計れるところが、一体システムの優れた点ですね。
オカルトグッズ、スピーカーケーブルに投資するより、こちらの方が先だと思います。

ところで、測定位置は軸上1mです。